乳酸菌LS1(エルエスワン)による歯周病予防
乳酸菌LS1(エルエスワン)とは
乳酸菌LS1による歯周病予防
歯周病は一般的には、プラーク(バイオフィルム)と呼ばれる細菌の蓄積したものが原因で起こる感染症と言われています。
歯周病を予防するには、以前から言われているように、歯磨きに代表されるプラークの除去が重要ですが、最近の研究で口の中にいる乳酸菌LS1(ラクトバシラス サリバリウスT1 2711)に、歯周病の悪玉菌であるPg菌(P.gingivalis)の殺菌効果があることが確認されました。
右の写真が乳酸菌LS1(ラクトバシラス サリバリウスT1 2711)です。
乳酸菌LS1(エルエスワン)の特徴

歯周病の悪玉菌であるPg菌を乳酸菌で制すLS1には、いろいろな効果があります。

乳酸菌LS1は、歯周病の原因菌を殺菌します。
歯周病の悪玉菌であるPg菌(P.gingivalis)をはじめとする3菌に、乳酸菌LS1を加えて培養したところ、24時間で3菌ともほぼ死滅したとの研究結果 が報告されています。
乳酸菌LS1の歯周病の原因菌研究についての詳細はこちらをご覧ください

乳酸菌LS1は、口臭を抑制します。
乳酸菌LS1を服用前と服用後の口臭を、口臭測定器で比べたところ、ほとんどの被験者に、口臭の消失または減少が認められたとの研究結果が報告されています。
上記乳酸菌LS1は、口臭抑制の研究についての詳細はこちらをご覧ください。

乳酸菌LS1は、プラーク(バイオフィルム)の中の歯周病菌にも到達できます。
乳酸菌LS1は、歯周病菌が周囲に張り巡らすバリアの中まで入り込み、菌を攻撃できる可能性が研究結果から確認されています。
乳酸菌LS1のプラーク中の歯周病菌の研究についての詳細はこちらをご覧ください

プロバイオティクスによる菌のバランスを正常に保つ方法
悪玉菌が増える
プロバイオティクスとは、抗生物質(アンティバイオティクス)に対比する言葉で、抗生物質のように有害な菌と同時に有益な菌も殺すのではなく、元々体内にいる有益な菌を増やして健康を守ろうというものです。
健康な時には、細菌は一定のバランスを保っていますが、バランスが崩れると悪玉菌が増え、善玉菌が減ります。
乳酸菌LS1による歯周病予防ー画像
菌のバランスが保たれている状態
プロバイオティクスは善玉菌を増やして、善玉菌と悪玉菌のバランスを整え、元の正常なバランスに戻す働きをします。
高濃度の乳酸菌を含んだタブレット
乳酸菌LS1による歯周病予防ータブレット)

高濃度の乳酸菌LS1を含んだ、歯科用オーラスヘルスタブレットは、歯科医院販売用に作られている製品で、一般に販売されている乳酸菌LS1含有の錠剤よりも高濃度に乳酸菌LS1が含まれている錠剤です。

おいしいヨーグルト味なので、薬というよりもラムネなどのようなお菓子の感覚です。1日3粒を目安に、なめて服用します。

デントシステマ歯科用オーラスヘルスタブレットは、薬事法上は薬ではなく、健康食品の分類ですので、歯科医師の処方箋や歯科医院へ受診、通院をする必要が無く、どなたでも購入、使用することができます。

乳酸菌LS1オーラスヘルスタブレットのご購入はこちらをご覧ください。

乳酸菌LS1歯科用オーラルヘルスタブレットの効果は、2~3ヶ月以上の継続使用を前提としています。 また、効果には個人差があります。

ドクター天野へのご相談はこちらへ リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約