貴金属の詰め物
貴金属の詰め物について
貴金属の詰め物

歯の詰め物には、銀合金、銀と水銀の合金のアマルガム、金合金、プラチナ金合金(PGA)、プラスチック素材のコンポジットレジン、セラミックなど色々な材料がありますが、その中でも金合金とプラチナ金合金(PGA)などの貴金属係の詰め物は、削った歯との適合にすぐれ、生体親和性も良く、審美的な面を除けば、理想的な材料です。

写真の右側が金合金、左側がプラチナ金合金(PGA)です。

貴金属の詰め物の治療例
貴金属の詰め物治療前

歯の検診にいらしたかたです。

診査の結果、古い銀の詰め物の周りが、歯と合っておらず、隙間が開いて、その下が虫歯になっていました。

写真は治療後です。

銀の詰め物を外したところ、虫歯がだいぶ大きかったので、セラミックの白い詰め物では、強度的に不安があったので、歯と密着度が高く、生体親和性も良い、プラチナ金合金(PGA)の詰め物にしました。歯との隙間も完全に埋まりました。

ドクター天野へのご相談はこちらへ リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約