審美歯科の治療例 ( 40歳女性)
審美歯科 治療前
審美歯科 治療前

他の歯科医院で、全体的なブリッジ治療を行った方です。噛むことなどには、大きな支障がなかったのですが、全体的に銀の被せ物で、前歯はプラスチックを貼り付けて白くしていたので、長年使ううちに、色の黄ばみや奥歯の色が気になってきて、人前で笑うことがためらわれるようになってきたそうです。

また食事中、お口の中にいつも違和感があり、食べ物が美味しくないとのことで、時々お口の中で変な味を覚えることもあるとのことでした。味覚については、被せ物に使われている銀の金属イオンの流出が疑われました。

審美歯科 治療後
審美歯科 治療後

お口の中の被せ物をすべて外し、すべての被せ物を銀を使用していないジルコニアオールセラミッククラウンに変えた状態です。

結果、見た目がとてもきれいになり、人前でも思いきり笑えるようになって、性格も明るくなったそうです。また、お口の中から金属が無くなったので、変な味もしなく なり、食べ物もおいしくなったそうです。

歯科金属アレルギーの詳細はこちらをご覧ださい。
ドクター天野へのご相談はこちらへリンクボタン

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約