審美歯科の治療例 ( 47歳 男性)
審美歯科 治療前
審美歯科 治療前

前歯の見栄えが良くないとのことで、いらした型です。この患者さんは、生まれつき歯の本数が何本か足りなくて、全体的に歯と歯の間に大きな隙間が空いていました。

また、前歯の噛み合わせが弱いために、奥歯に噛み合わせの力が大きく掛っていて、奥歯の歯茎の調子が良くない状態でした。

審美歯科 治療後
審美歯科 治療後

そのままの状態で差し歯を作ったのでは、上の前歯2本の大きさがとても大きくなることが事前にわかっていたため、上の前歯2本は、部分矯正を行い、歯の隙間を一か所に集めて、差し歯を行いました。

また、奥歯は、噛み合わせの過度の力が掛っていたために、歯の揺れや歯茎の腫れがあったため、歯の揺れを止める目的で、すべての差し歯をつないで固定しました。

結果、上の前歯の見栄えも良くなり、奥歯の調子も良くなって、食べ物もおいしく食べられるようになりました。

ドクター天野へのご相談はこちらへリンクボタン

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約