噛み合わせによる歯槽膿漏 (48歳女性)
治療前

他院で、前歯の差し歯4本を抜歯して、入れ歯にしましょうと言われて、いらした方です。

前歯の差し歯はかなり揺れていて、歯をかみ合わせるたびに大きく動いていました。

診査の結果、下の両側の奥歯の被せ物が低く作られているられていることと、向かって右側の上の奥歯2本が無いことによって、前歯の差し歯に過度のかみ合わせの力が掛かってしまい、長い間に前歯を支えている歯槽骨が吸収して(溶けて)しま い歯槽膿漏のような状態になる咬合性外傷になっていました。

また、前歯の差し歯のブリッジは、ブリッジの基本より土台の本数が少なく、そのために差し歯のブリッジが揺れてしまった可能性もありました。

ブリッジ治療の基本については、こちらをご覧ください。
咬合性外傷についての詳細はこちらをご覧ください。
治療後
治療後

レントゲンでは、前歯の歯槽骨が少し残っていましたので、上の歯すべての歯槽膿漏の処置をしたあと、ブリッジ治療の基本に則って、上顎のすべての歯をつなげたブリッジ式の差し歯を作り、揺れている歯を固定して揺れないようにしました。

また、 差し歯で、全体のかみ合わせを高くし、安定した噛み合せの基本(犬歯誘導)も確立することによって、全体の歯がバランスよくかみ合わせの力が掛かるようにしましたので、歯も歯茎も安定しました。

治療後はパーフェクトペリオホームケアを使用していただくことで、お口の中に虫歯菌と歯周病菌が居ない状態を保つことによって、 治療後の歯と歯茎は良い状態を長く保っています。

パーフェクトペリオについての詳細はこちらをご覧ください。
ドクター天野へのご相談はこちらへリンクボタン

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約