プラスチック(コンポジットレジン)の詰め物の変色 (28歳女性)
治療前
治療前

両方の前歯の真ん中に、プラスチックの詰め物が入れてあるのですが、色が変色するたびに詰め替えていたら、詰め物の範囲がだんだん大きくなってしまい、詰め直しても天然の歯と色や質感が合わなくなってしまったとのことで来院されました。

治療中
治療中

元々、歯の色自体も白くしたいとのご希望があったため、まずそのままホームホワイトニングを行い、歯を白くしました。

その後、古いプラスチックの詰め物(コンポジットレジン)を外し、新たにエステライトプロコンポジットレジンを詰め直しました。

ホームホワイトニングについての詳細は、こちらをご覧ください。
治療後
治療後

エステライトプロコンポジットレジンの「エナメルシェード」「ボディシェード」「ブリーチングシェード」などを重ね合わせて詰め直しましたので、天然の歯に近い色合いと質感に詰めることが出来ました。

エステライトプロコンポジットレジンについての詳細はこちらをご覧ください。
ドクター天野へのご相談はこちらへリンクボタン

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約