ひどい虫歯の治療例 ( 48歳女性)
治療前
治療前

元々神経を抜いて被せ物をしていた歯でしたが、被せ物が心棒と一緒に取れてしまい、他の歯科医院で 『抜歯 してインプラントかブリッジになる』 と言われてセカンドオピニオンを求めて来院された方です。

被せ物が取れてから半年ほど放置してしまったので、写真のようにかなり虫歯が進んでいましたが、歯科用部分CTスキャンでのレントゲン診査の結果、歯の根はまだしっかりしているようでしたので、様々な処置をして、抜歯しないで治療することにしました。

治療後
治療後

写真は治療後の状態です。

まず、クラウンレングスニング(歯茎の処置)を行い、歯の根の健康な部分を歯茎の上に出しました。また、歯の根の中に穴が開いていたので、歯の根の専門医によって顕微鏡下にて、穴を塞ぎました。

それから歯の根の強化のためにファイバー樹脂の心棒を土台に立てて、被せ物を被せ、結果的に抜歯しないで歯が残せました。

ドクター天野へのご相談はこちらへリンクボタン

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約