歯槽膿漏(48歳 女性)
治療前
治療前

全体的な歯槽膿漏で、いらした方です。

下の奥歯が無いため、全体的に噛み合わせが低くなってしまい、下の前歯が上の前歯に強くあたって歯を支えている歯槽骨が溶ける、咬合性外傷の状態になっていました。

低い噛み合わせについてはこちらをご覧ください。
咬合性外傷についての詳細はこちらをご覧ください。
治療後
治療後

治療後の写真です。

前歯の2本は残念ながら抜歯になりましたが、他の歯は、抜歯しないで治療することができました。上の歯は歯槽骨が溶けて、弱くなっていたので、すべての歯をジルコニアオールセラミッククラウンのブリッジ式の差し歯にして、歯が揺れないように固定しました。

また、全体的に噛み合わせの高さを挙げたので、前歯、奥歯共に、咬合性外傷の状態がなくなり、噛み合わせも安定しました。

この後、下の奥歯の治療予定です。

ドクター天野へのご相談はこちらへリンクボタン

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約