アタッチメント入れ歯の治療例
アタッチメント入れ歯治療前
アタッチメント入れ歯治療前

下の部分入れ歯が合わないとのことで、いらした方です。

今までは通常のバネの留め金をつかう部分入れ歯を何回も作り直していました。

診査の結果、部分入れ歯の留め金をかける歯が小さくなっていて噛むと部分入れ歯の留め金が動いてしまうことがわかりました。

アタッチメント入れ歯治療後
アタッチメント入れ歯治療後

下の前歯をすべて差し歯で作り直し、アタッチメント入れ歯を作りました。

噛んだときに部分入れ歯がまったく動かなくなったので、 とても良く噛めるようになりました。

アタッチメント入れ歯についての詳細はこちらをご覧ください。
ドクター天野へのご相談はこちらへリンクボタン

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約