バネの見えない入れ歯の治療例 (67歳男性)
バネの見えない入れ歯治療前
バネの見えない入れ歯治療前

下の歯が無い部分に歯を入れたいと、いらした方です。

歯が無い部分が多く、ブリッジを作るには、土台となる奥歯の本数が足らない状態でした。

またご本人の希望により、インプラントは避けたいとのことでした。

そこで土台の歯はしっかりしていたので、バネの見えない入れ歯(バルプラスト入れ歯)を作ることにしました。

バネの見えない入れ歯治療後
バネの見えない入れ歯治療後

バネの見えない入れ歯を入れたところです。

バネがないので、入れ歯を入れていることが、他人にはわかりにくいと思います。

またバネの見えない入れ歯が歯をしっかり押さえていて噛んだとき入れ歯が動かないので、食べ物もよく噛めるようになりました。

小さな金属が見えますが、噛んだときの入れ歯の沈み込みを防ぐものです。

バネの見えない入れ歯の詳細はこちらをご覧ください。
ドクター天野へのご相談はこちらへリンクボタン

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約