歯槽膿漏の治療例 (48歳男性)
歯槽膿漏 治療前
歯槽膿漏 治療前

事情があって、矯正治療を途中で中断し、そのまま何年も放置してしまった方です。

長期に矯正装置を付けたままにしていて、歯磨きがうまく出来なかったことと、矯正治療で噛み合わせを作っている途中で中断してしまったために、噛み合わせのバランスが悪い状態で、長期間過ごしてしまったことが原因で、全体的に歯茎の腫れと歯の揺れが出ていました。

また、上顎は入れ歯を入れていましたが、調子が悪くて、あまり噛めない状態でした。

加えて、この方は高血圧で、その薬の副作用によりお口の唾液が少なくなるドライマウス(口腔乾燥症)にもなっていて、歯茎が全体的に白く変色していました。

診査の結果、 歯を支えている歯槽骨が全体的に溶けて(吸収して)しまっていたのですが、まだ、抜歯するほどではなかったので、全体的に治療することにしました。

ドライマウスについての詳細はこちらをご覧ください。
歯槽膿漏 治療後
歯槽膿漏 治療後

治療後の写真です。

矯正装置をすべて取り、高濃度のパーフェクトペリオによる歯周病治療を行い 、歯周病菌と虫歯菌の完全殺菌を行いました。

また、一本ずつの歯を支えている歯槽骨の量が少なくて歯が揺れている部分を補うため、すべての歯を ブリッジタイプの差し歯でつないで固定しました。

上顎は、やはり大きなブリッジを作ることによって、入れ歯をやめることが出来ました。

治療の結果、全体の歯茎が改善し、入れ歯がなくなったことで、とても快適に食事が出来るようになりました。

また治療後は、パーフェクトペリオホームケアを継続して使用していただき、日々の歯周病菌の感染を防いでいます。

また、高血圧を引き起こす活性酸素を除去するソデッシュというサプリメントを使用していただいたことで、高血圧が改善し、薬を飲む必要がなくなったので、副作用による唾液の減少も改善しドライマウスによる歯茎の変色もなくなりました。

パーフェクトペリオについての詳細はこちらをご覧ください。
ソデッシュについての詳細はこちらをご覧ください。
ドクター天野へのご相談はこちらへリンクボタン

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約