歯槽膿漏の治療例 (61歳女性)
歯槽膿漏 治療前
歯槽膿漏 治療前

右の写真は、歯槽膿漏で前歯を多く無くされて、取り外しの入れ歯を長い間使われていた方です。

今まで何回も入れ歯を作り直され、 歯槽膿漏の治療も長い間されてきたそうですが、一向によくならなかったそうです。

合わない入れ歯を無理に使い続けてきたために、 歯槽膿漏が進行し歯茎も赤くただれていました。

この場合の問題点は、歯槽膿漏に対する総合的な診断と治療計画を立てていなかったことにあります。

ほとんどの場合、歯槽膿漏は歯の揺れや、歯茎の出血などが最初に現れますが、症状が現れたところだけ治療して終わりにするその場限りの歯槽膿漏の治療をしていると、だんだんと歯槽膿漏の症状が大きくなり、気づいたときには歯槽膿漏で歯を抜かなければならないところまで進んでしまいます。

また、この方は糖尿病と高血圧でしたが、これらの生活習慣病も歯槽膿漏を悪化させる要因になっているようでした。

糖尿病と歯槽膿漏の関係についてはこちらをご覧ください。
歯槽膿漏 治療後
歯槽膿漏 治療後

歯槽膿漏の治療後の写真です。

歯槽膿漏の処置をすべての歯と歯茎に施し、歯茎の下に埋まってしまっていた歯の根も矯正力により引っ張り出して、最終的には一本も抜かずに治療することが出来ました。

歯が多く残せたので、取り外しの入れ歯はやめて、全体をブリッジタイプの差し歯にしました。

取り外しの入れ歯がなくなったので、 歯槽膿漏だった歯茎の状態も正常に戻っています。

また、治療中にパーフェクトペリオでの虫歯菌と歯周病菌の完全殺菌を行い、治療後はパーフェクトペリオホームケアを使用していただくことで、お口の中に虫歯菌と歯周病菌が居ない状態を保つことによって、良い状態を長く保っています。

歯槽膿漏が悪化した要因の糖尿病と高血圧については、ソデッシュという糖尿病や高血圧を引き起こす因子の活性酸素を除去するサプリメントを処方しました。

結果として糖尿病と高血圧も改善が見られ、それによって全身状態も良くなり、歯槽膿漏の再発が無い状態を保っています。

パーフェクトペリオについての詳細はこちらをご覧ください。
ソデッシュについての詳細はこちらをご覧ください。
ドクター天野へのご相談はこちらへリンクボタン

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約