歯槽膿漏の治療例 (51歳女性)
歯槽膿漏 治療前
歯槽膿漏 治療前

歯槽膿漏がかなり進んで、歯茎全体がかなり腫れていらした方です。

歯科医院が苦手で、今までは瞬間接着剤をご自分で使って、揺れる歯を止めてきましたが、ついにご自分では手に負えなくなって来院されました。

写真に写っている上の前歯は、ご自分で盛り上げた瞬間接着剤の塊です。一見すると、上顎の歯は、すべて抜歯になりそうですが、レントゲン写真の診査では、歯を支えている骨の溶け方が抜歯するほどではなかったので、できるだけ抜歯せずに治療することにしました。

歯槽膿漏 治療後
治療後

治療後の写真です。

一本ずつの歯を支えている歯槽骨の量が少なくて歯が揺れている部分を補うため、上顎は、すべての歯をブリッジタイプの差し歯でつないで固定しています。

残念ながら、上顎14本のうち、 4本は抜歯になりましたが、他の10本は抜かないで残せました。 下顎は奥歯をそれぞれ4本と2本のブリッジタイプの差し歯にしました。

全体的に歯槽膿漏の処置も行ったので、歯茎も健康になりました。

治療中にパーフェクトペリオでの虫歯菌と歯周病菌の完全除菌を行い、治療後はパーフェクトペリオホームケアを使用していただくことで、お口の中に虫歯菌と歯周病菌が居ない状態を保つことによって、良い状態を長く保っています。

パーフェクトペリオについての詳細はこちらをご覧ください。
ドクター天野へのご相談はこちらへリンクボタン

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約