歯を削らないホワイトスポット治療アイコン治療例 (28歳女性)
アイコンの治療前
アイコンの治療前

全体的に歯に白い斑点が目立ってきたので、きれいにしようと審美治療を専門に行っている歯科医院へ受診したところ、白い部分を削ってプラスチックを詰めるか、表面を全体的に削ってセラミックの板を張り付ける治療を勧められました。

しかし、今まで虫歯などで歯を削ったことは1度もなく、歯を削るのにとても抵抗があったので、削らないできれいにできないものかと受診されました。

拝見すると、白くなっている部分は歯の初期虫歯(脱灰)によってホワイトスポットになっているようでしたので、歯を削らないホワイトスポット治療 アイコンを行うことにしました。

アイコンの治療中
アイコンの治療中

アイコンを歯に塗って液状のプラスチック樹脂を歯に浸透させているところです。

歯茎についている青い物は、歯茎に薬剤が付かないようにするカバーです。

アイコンの治療後
アイコンの治療後

アイコン治療終了後の写真です。

奥歯や歯の根元で多少白い部分が残っている歯もありますのが、前歯についてはほぼ完全に白い部分がなくなりました。

歯は全く削りませんでしたので、麻酔は行いませんでしたが、痛みはほとんど無かったそうです。 

歯を削らないホワイトスポット治療 アイコンについての詳細はこちらをご覧ください
ドクター天野へのご相談はこちらへリンクボタン

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約