インプラントトラブル(失敗)の治療例 (48歳男性)
インプラントトラブル(失敗)の治療前
インプラントトラブル(失敗)の治療前

他の歯科医院で1年前に上顎の奥歯にインプラントを2本いれた方ですが、インプラントの周りが腫れて痛いとのことで、いらっしゃいました。

レントゲン診査の結果、2本のインプラントは、非常に近い位置に埋め込まれていて、周りの骨が溶けて(吸収して)いることがわかりました。

原因としては、骨の少ない場所に2本のインプラントを埋め込んだことと、2本のインプラントが近すぎて、間の骨に血液が十分供給されなかった可能性が考えられました。

インプラントトラブル(失敗)の治療前(CT画像)
インプラントトラブル(失敗)の治療前(CT画像)

写真は、右側のインプラントのCTスキャン像です。

薄い骨(灰色の網状の像)の間にインプラントが埋め込まれているのがわかりますが、インプラントの周りには、骨がほとんどありません。

また、インプラントの埋め込み方向に無理があるため、インプラント本体とインプラントの被せ物の取り付け角度が極端に曲がっているのが確認できます。

インプラントトラブル(失敗)の治療前(CT画像)
インプラントトラブル(失敗)の治療前(CT画像)

次の写真は、左側のインプラントのCTスキャン像です。

こちらのインプラントの上半分には、骨がありますが、やはり下半分には骨がほとんどありません。しかし、上半分の骨の固定(癒着)状態はあまり良いとは言えません。

ただ、右側のインプラントよりは、埋め込み角度が良かったのか、インプラント本体とインプラントの被せ物の取り付け角度は、直線に近くなっています。

結局、この方の場合、インプラントの両隣の歯が被せ物だったこともあり、インプラントを除去して歯茎の治りを待ってから通常のブリッジを作りました。

ドクター天野へのご相談はこちらへリンクボタン

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約