パーフェクトペリオ殺菌水の治療例 (60歳男性)
パーフェクトペリオ治療前レントゲン(2009年10月)
治療後

歯の揺れで、いらした方です。

レントゲンでは、向って左側から2番目の歯を支える歯槽骨が、大幅に無くなって(吸収して)いるのが確認できました。レントゲンの上半分の全体的に灰色になっている部分が歯槽骨です。

1番左の歯も、通常の半分程度しか歯槽骨はありませんが(通常、1番左の歯の場合、歯槽骨は白く写っている被せ物の上まであります。)2番目の歯は約1/5程度の歯槽骨しか残っていません。 ですので、2番目の歯は、揺れが顕著に確認できました。

このような場合、通常の治療では、まず歯槽膿漏の手術を行った後、1番左、2番目、3番目の3本の歯を削って、3本が繋がった被せ物を作り、歯が揺れないように固定します。

そうすることによって、歯が揺れなくなり、骨の溶け(吸収)を抑える効果があるからです。

歯の揺れによる骨の溶けるメカニズムはこちらをご覧ください。

ところが、この方は、歯茎を切る手術は怖くてやりたくないし、揺れてはいるけれども、まだ虫歯では無いので、これ以上歯を削るのは避けたいとのご希望でした。

そこで、患者さんと色々ご相談した結果、歯茎を切らず、歯も被せ物の固定もしないで、パーフェクトペリオ歯周病治療のみ行い、後はご自宅でのパーフェクトペリオホームケアでうがいを継続して行っていただくことで、しばらく様子を見ることにしました。

パーフェクトペリオ治療後レントゲン (2011年1月)
治療後

パーフェクトペリオ歯周病治療を行って、パーフェクトペリオホームケアを処方してから、ご多忙だったこともあり、それ以後しばらくご来院が無かったのですが、1年3ヶ月ぶりに検診にいらした時のレントゲン写真です。

その間、必ず朝晩2回のパーフェクトペリオホームケアでのうがいを欠かさず行っていたそうです。

最初の歯槽骨の状態や歯の揺れの程度が良くなかったので、心配していたのですが、驚いたことに、歯の揺れは完全には無くなってはいませんでしたが、揺れがだいぶ治まっていました。

また、少しではありましたが、2番目の歯を支えている歯槽骨の量が増えているのも、確認できました。

結果的に、歯茎も切らず、歯も削らずに済んだので、患者さんはとても喜んでいて、この後もパーフェクトペリオホームケアをずっと続けて行くとのことでした。

 

*パーフェクトペリオの効果には、歯の状態などにより、個人差があります。

パーフェクトペリオ歯周病治療の詳細はこちらをご覧ください。
パーフェクトペリオについての詳細はこちらをご覧ください。
ドクター天野へのご相談はこちらへリンクボタン

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約