顎関節症の治療例 (48歳女性)
治療前
治療前

長年、顎関節症をわずらっていて、顎関節症の顎の 痛みと偏頭痛、肩こりを訴えていらした方です。

原因としては、写真からもわかるように、下の前歯が上の前歯にほとんど隠れて見えないことから、噛み合わせの高さが低く、下顎が後ろにずれてしまっていることが考えらえました。

また、この噛み合わせは、生まれつきとのことでしたが、噛み合わせが原因で、奥歯に噛み合わせの力が集中し、上下の奥歯が数本失われていました。

治療後
治療後

顎関節症の治療後の写真です。

上下の奥歯に強い噛み合わせの力が掛っていたことで、奥歯全体が揺れていましたので、それを補うために、すべての歯を差し歯でつないで固定しました。

差し歯全体で、噛み合わせを 上げて、下顎を前に移動させました。治療後の写真では、下顎の前歯が治療前に比べて、はっきり見えているのがわかると思います。

また、安定した噛み合せの基本(犬歯誘導)の状態を作りましたので、前歯、奥歯、共に負担が掛からないバランスの取れた噛み合せになりました。

下顎の位置が正常に戻ったので、顎の痛み、偏頭痛、肩こりなどの症状もほぼ無くなり、快適に生活できるようになりました。

ドクター天野へのご相談はこちらへリンクボタン

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約