セラミックべニア(ラミネートべニア)の治療例 ( 37歳 男性)
セラミックべニア(ラミネートべニア) 治療前
セラミックべニア(ラミネートべニア) 治療前

向って右側の前歯が欠けていらした方です。

以前にも同じ歯が欠けて、そのときはプラスチックの詰め物で治したのですが、そのプラスチックが何回も取れて、やり直しをするたびに、プラスチックの詰め物の範囲が大きくなっていってしまったとのことでした。

診査の結果、割れたプラスチックの範囲が歯の先だけで、それ以外には、歯の表面に薄くプラスチックが残っているだけで虫歯などが無かったことから、セラミックベニア(ラミネートベニア)を行うことにしました。

また、その左隣の前歯も大きなプラスチックの詰め物が歯の表面についていることと、歯の根本が出て変色していることから、患者さんのご希望で、左隣の前歯にもセラミックベニア(ラミネートベニア)を行うことにしました。

セラミックべニア(ラミネートべニア) 治療後
セラミックべニア(ラミネートべニア) 治療後

写真はセラミックベニア(ラミネートベニア)の治療後です。 前歯2本の表面を歯の最表層のエナメル質を残しながら、0.5mmほど薄く一層削り、セラミックの板を接着しました。

また、セラミックベニアの色をより白くするために、前歯2本とその周りの歯全体のオフィースホワイトニングホームホワイトニングも行いました。

オフィースホワイトニングについての詳細は、こちらをご覧ください。
ホームホワイトニングについての詳細は、こちらをご覧ください。
ドクター天野へのご相談はこちらへリンクボタン

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約