歯を削らないブリッジ ウェルデンツ治療例 (65歳女性)
治療前 入れ歯を外した状態
治療前 入れ歯を外した状態

前歯を3本のブリッジにしていたのですが、そのブリッジが歯周病でだめになり、抜いて入れ歯を入れた方です。

通っていた歯科医院では、ブリッジやインプラントの提案もあったのですが、ブリッジは両脇の健康な歯を4本削って7本のブリッジになることや、インプラントはなんとなく怖かったこともあって、入れ歯を選びました。

治療前 入れ歯を入れた状態
治療前 入れ歯を入れた状態

ところがそれから何回も入れ歯を作り直してみたのですが、入れ歯のバネの締め付けられる感覚や、入れ歯に付いている人口の歯茎による違和感で、夕方には入れていることに我慢が出来なくなり、毎日不快な思いをすることになってしまっていました。

また、入れ歯は4本の金属のバネで抑えているのですが、食べ物を食べると入れ歯が動き、前歯では全く物が食べられない状態でした。

そこで歯を削らないブリッジ ウェルデンツに変えてみることにしました。

歯を削らないブリッジ ウェルデンツ治療後
歯を削らないブリッジ ウェルデンツ治療後

写真はウェルデンツを入れたところです。バネは両脇の2本のみになり、人口の歯茎もなくなりましたので、バネによる締め付けや歯茎の違和感もなくなり、一日中入れていても気にならなくなりました。

また、物を噛んでも動かないため、前歯でなんでも食べられるようになりました。

さらにバネが白く目立たないため、歯を見せて笑うこともできるようになり、友人との会食にも楽しく参加できるようにもなりました。

歯を削らないブリッジ ウェルデンツの詳細はこちらをご覧ください。
ドクター天野へのご相談はこちらへリンクボタン

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約