かみ合わせが原因でアルツハイマー病に!?

かみ合わせが原因でアルツハイマー病に産経新聞

かみ合わせが原因でアルツハイマー病に読売新聞

かみ合わせが原因でアルツハイマー病に共同通信社

産経新聞 2011年9月16日 記事

アルツハイマー 歯にご用心 かみ合わせ悪いと原因物質増加

歯のかみ合わせが悪いと、アルツハイマー病の原因とされる「アミロイドベータ」と呼ばれるタンパク質が脳の海馬に増えることを岡山大大学院医歯薬学総合研究科の森田学教授のチームがラットで突き止め、15日発表した。

 アルツハイマー病はアミロイドベータが脳内に蓄積し、海馬では神経細胞に影響して記憶障害を起こすのが一因とされる。

チームは「歯が抜けたり、入れ歯が合わなかったりする人は、治療をすることでアルツハイマー病の予防や進行を抑えられる可能性がある」としている。

読売新聞の記事はこちら

共同通信社の記事はこちら

噛み合わせの治療法についてはこちらをご覧ください。

歯科と全身の健康に関するマスコミ報道一覧はこちらをご覧ください。

ドクター天野へのご相談はこちらへ GO

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約