使い捨て(ディスポーザブル)診察器具

一般的な日本の歯科医院では、診査や治療に使う歯科用ミラーと呼ばれる小さな鏡、先の尖った探針(たんしん)とよばれる診察器具、ピンセットなどは、一度患者さんに使用した後、消毒機器で消毒滅菌して、また他の患者さんの治療に再使用しています。

また、治療器具を載せるトレーと呼ばれる通常は金属の入れ物も同じように消毒機器で消毒滅菌して、他の患者さんに再使用しています。

消毒滅菌には高圧蒸気滅菌という方法を用いていますので、基本的には他の方からの歯周病菌や虫歯菌の感染などの危険はありません。

しかし、いくら完全に消毒滅菌していても、やはり他人の口の中に入った診察器具を、自分の口の中に入れられるのは嫌という方もいらっしゃいます。

そんな方のためには、欧米の歯科医院でよく使用されている、1回で使い捨ててしまう使い捨て(ディスポーザブル)の診察器具があります。

使い捨て(ディスポーザブル)の診察器具は、医院で消毒滅菌するのではなく、器具を製造する過程で消毒滅菌し梱包されていますので、袋を開けていなければ、誰のお口の中にも入っていない新品の状態で使用できます。

また、一度使った診察器具は、その名のとおり、その場で破棄してしまいますので、常に新品の物を使うことが出来ます。

更に、治療器具を載せるトレーも使い捨ての物があり、これも一度の使用で使い捨てますので、常に新品の物を使うことが可能になります。

*使い捨て(ディスポーザブル)のトレーは、
すべての患者さんに無料で使用しています。

*使い捨て(ディスポーザブル)のミラー、探針、ピンセットは、
ご希望の患者さんに有料で使用しています。
【\500(税別)/毎回の診察時】

*使い捨て(ディスポーザブル)のミラー、探針、ピンセットは、
プラスチック製で高圧蒸気滅菌処理が出来ないため、
個々の患者様用としてお預かりしての消毒滅菌、再使用は出来ません。

ドクター天野へのご相談はこちらへ リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約