骨再生療法 エムドゲイン
骨再生療法 エムドゲインとは
エムドゲイン(骨再生療法)図

骨再生療法、エムドゲインは、エナメルマトリックスたんぱくを、歯根の表面に塗布して、骨の再生を促すという治療法です。

歯槽膿漏などで、歯の根を支える歯槽骨が 部分的に溶けている場合、歯茎の処置を行って、エムドゲインを歯の根に塗布すると、数ヶ月で歯槽骨の回復が期待できます。

ただ、エムドゲインは歯槽骨の溶けている状態や、歯槽膿漏の原因によって、適応でない場合もありますので、すべての歯槽膿漏で使用できるわけではありません。

エムドゲイン(骨再生療法)治療例

写真は、 奥歯の歯茎が腫れて来院された方の初診時のレントゲン写真です。

レントゲン写真では奥歯の向かって右側の歯根の歯槽骨が大きく溶けていることがわかります。

この部分に歯茎の処置を行い、エムドゲインを塗布します。

エムドゲイン(骨再生療法)治療後

写真は、歯根部にエムドゲインを塗布して骨再生療法を行った数ヶ月後のレントゲン写真です。

歯槽骨が再生している像が確認できます。

( 歯槽骨は灰色の網目状の部分です。)

抜歯しない治療法へ戻る

ドクター天野へのご相談はこちらへ リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約