割れた歯の治療法
割れた歯の治療について
割れた歯の治療法

一見硬くて強そうに見える歯ですが、様々な要因で、歯が割れてしまうことがあります。

従来までは、割れた歯は抜歯するしかなかったのですが、現在は、割れた歯の状態によっては、様々な処置をすると、抜歯しないで治療できる場合もあります。

歯が割れる原因

歯が割れる原因には、いくつかの理由があります。

 

神経を抜いた後、被せ物をしていないことで歯が割れる。

 

一般的 に、歯は神経を取って根の治療を行うと、枯れ木と同じようにもろくなり始めます。(硬いのですが、曲げ強さがないので、欠けやすい状態) 通常の治療では、根の治療の後には、歯のもろさを補うために被せ物をしますが、様々な理由から、被せ物をしないで、治療が終了する場合もあり、これが歯が割れる原因になることがあります。

 

神経を抜いた歯が詰め物の状態になっていることで歯が割れる。

 

上記のように、基本的には神経を抜いた歯は、被せ物にするのが原則ですが、様々な理由から、詰め物で治療が終了する場合もあります。この場合、内側に入っている詰め物が、噛み合わせの力によって、くさびの作用をし、歯が割れる原因になることがあります。

 

被せ物をした歯の心棒が太く、長く入っていることで歯が割れる。

 

神経を抜いて被せ物をした場合、基本的には、神経の穴に金属などの心棒を入れて被せ物をするのが原則ですが、入れる心棒の太さがとても太い場合や、とても長い場合、被せ物をしてあっても、噛む力によって、心棒がくさびの作用をしてしまい、歯が割れる原因になる場合があります。

 

被せ物をした歯の心棒が腐食して、周りの根が虫歯になり、心棒が動くことが原因で歯が割れる。

 

被せ物をした歯の心棒の回りの根が虫歯になり、知らない間に心棒を着けていた接着剤が無くなって、心棒が中で微妙に動きだしている場合があります。(この場合、被せ物にも揺れが出始めます)このような状態になると、心棒の動きによって、歯の根が割れてしまうことがあります。

 

噛み合わせの関係で、強い力が歯にかかることが原因で歯が割れる。

 

前歯と奥歯の関係が、バランスの良い噛み合わせ関係になっていない場合、奥歯の数本の歯に噛み合わせの力が集中して掛ることがあります。このような場合、神経が生きている歯でも、噛み合わせの力に耐え切れずに、割れてしまうことがあります。

バランスの良い噛み合せの基本(犬歯誘導)についての詳細はこちらをご覧ください。

割れた歯の治療法

割れた歯の治療法には、歯の状態によって、いくつかの方法があります。

通常は、歯科用CTスキャンでのレントゲン診査などでひび割れの範囲や状態などを診断し、歯の状態によって治療方針を決定してから治療します。

歯科用CTスキャンについての詳細は、こちらをご覧ください。

神経を抜いた歯で、歯が割れた範囲が根まで達していない場合。

歯が割れた範囲が歯茎の下まで達しているけれども、根までは割れていない場合には、クラウンレングスニングなどの歯茎の処置をして、ひび割れを歯茎の外に出した後、心棒を入れて、被せ物をすることにより、歯を抜かないで保存できる可能性があります。

クラウンレングスニングについての詳細は、こちらをご覧ください。

神経を抜いた歯で、歯が割れた範囲が根まで達している場合。

歯が割れた範囲が根まで達している場合でも、割れた範囲によっては、クラウンレングスニングなどの歯茎の処置をして、ひび割れを歯茎の外に出した後、、ファイバー樹脂の心棒を入れ、中からひび割れを抑え、さらに被せ物を被せて、外側からひび割れを抑えることによって、歯を抜かないで保存できる可能性があります。

ファイバー樹脂の心棒については、こちらをご覧ください。

神経を抜いていない歯で、歯が割れた範囲が根まで達していない場合。

神経を抜いていない歯が歯茎の下まで達しているけれども、根までは割れていない場合には、クラウンレングスニングなどの歯茎の処置をして割れた個所を外に出した後、被せ物を被せて、外側からひび割れを抑えることによって、歯を抜かないで保存できる可能性があります。

また神経の処置などが必要な場合には、神経の処置後、クラウンレングスニングなどの歯茎の処置、根の心棒の処置をして、被せ物を被せ、内側、外側両方からひび割れを抑えることによって、歯を抜かないで保存できる可能性があります。

神経を抜いていない歯で、歯が割れた範囲が根まで達している場合。

神経を抜いていない歯が根まで割れた場合には、神経の処置が出来る場合には、神経の処置をした後、ファイバー樹脂の心棒を入れ、中からひび割れを抑え、さらに被せ物を被せて、外側からひび割れを抑えることによって、歯を抜かないで保存できる可能性があります。

また神経の処置が出来ない場合には、割れた個所に3Mix-MP法を応用して、歯全体を殺菌し、割れ目を接着剤でふさいだ後、さらに被せ物を被せて、外側からひび割れを抑えることによって、歯を抜かないで保存できる可能性があります。

3Mix-MP法についての詳細は、こちらをご覧ください。

*ただし、根が完全に根本まで、割れてしまった場合や、割れた範囲が大きい場合には、抜歯になる場合もあります。

割れた歯の治療例(35歳男性)
(割れた歯の治療法 治療前
割れた歯の治療前

奥歯が割れて他の歯科医院で 『根が割れているので抜歯してインプラントかブリッジになる』 と言われ、セカンドオピニオンを求めていらした方です。

歯が丈夫なのが自慢で、歯には自信がある方だったので、歯が突然割れてしまったことにかなり驚いていましたが、診査の結果、前歯と奥歯の噛み合わせのバランス関係が、奥歯に噛み合わせの力が集中するような噛み合わせになっていたのが、歯が割れてしまった原因のようでした。

神経は取ってはいなかったのですが、幸いにも痛みはあまりありませんでした。ただ歯科用CTスキャンでのレントゲン診査を行ったところ、歯の割れた状態から神経の処置を適切に行うのは不可能でしたので、割れた個所に3Mix-MP法を応用して、抜歯しないで残すことにしました。

(代替テキスト)
割れた歯の治療中

写真は、歯が割れた個所に3Mix-MP法を応用して、歯全体を殺菌し、割れ目を接着剤でふさいだところです。この状態でしばらく仮歯を装着して噛めるかどうか確認します。

割れた歯の治療法 治療後
割れた歯の治療後

仮歯でしばらく様子を見て、痛みが無く普通に噛める状態を確認した後に、最終的な被せ物を被せて外側からもひび割れを抑え 、結果的に抜歯しないで歯が残せました。

割れた歯の治療例(42歳女性)
割れた歯の治療法 治療前
割れた歯の治療前

前歯2本の差し歯が取れてしまい、他の歯科医院で『根が割れているので抜歯してインプラントかブリッジになる』 と言われ、セカンドオピニオンを求めていらした方です。

根が割れたのは、差し歯の心棒に使われていた金属が腐食して、根の周りも虫歯になり、心棒が根の中で動いてしまったことによるものが原因のようでした。

歯科用CTスキャンでのレントゲン診査の結果、割れている範囲が大きくなかったので、クラウンレングスニングなどの歯茎の処置をして、抜歯しないで保存することにしました。

割れた歯の治療法 治療中
割れた歯の治療中

写真は、クラウンレングスニングを行いひび割れを歯茎の外に出した後、ファイバー樹脂の心棒を入れ、中からひび割れを抑えた状態です。根の状態がかなり弱かったので、向って左側の銀の被せ物も外して、ファイバー樹脂の心棒に変え、3本つなぎの差し歯にすることにしました。

割れた歯の治療法 治療後
割れた歯の治療後

治療後の写真です。3本つなぎの差し歯を被せ、外側からもひび割れを抑え、結果的に抜歯しないで歯が残せました。

割れた歯の治療例(50歳男性)
割れた歯の治療法 治療前
割れた歯の治療前

詰め物をした歯が割れてしまい、他院で抜歯といわれていらした方です。診査の結果、過去の治療で神経を取った後、被せ物ではなく詰め物で治療が終わっていたのですが、そこに噛み合わせの力が加わることによって、詰め物がくさびの作用をしてしまい、歯を割ってしまったようでした。

割れて時間が経っていなかったことと、歯科用CTスキャンでのレントゲン診査の結果、割れた範囲が根の浅い部分で止まっていたことで、抜歯しないで、治療することにしました。

割れた歯の治療法 治療中
割れた歯の治療中

写真は、クラウンレングスニングを行い、ひび割れを歯茎の外に出した後、ファイバー樹脂の心棒を入れ、中からひび割れを抑えた状態です。この状態でしばらく仮歯を装着して噛めるかどうか確認します。

割れた歯の治療法 治療後
割れた歯の治療後

仮歯でしばらく様子を見て、痛みが無く普通に噛める状態を確認した後に、最終的な被せ物を被せて外側からもひび割れを抑えた状態です。

割れた歯の治療の患者さん日記ページへ リンク
ドクター天野へのご相談はこちらへ リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約