メルマガ読者100万人 【健康のまぐまぐ】2013年1月11日号

正しい歯磨きの方法/健康のまぐまぐ

【今週の目次】

◇ 新春特別企画 第1弾
ビューティーヨガニスト・森和世の新年から始めるヨガ!

◇ 新春特別企画 第2弾
おなじみ東洋医学の鈴木先生からお正月養生デトックスレシピ!

◇ NEWコーナー What’s Up,歯?
Dr.天野がお教えします! いつまでも歯は大切に。

◇ まぐまぐ!からお知らせ
まぐまぐのお得なサービスをご紹介します。

◇ 万歩計とヘルシー88ステップ
2007年に四国八十八箇所を巡った写真家による、お遍路紀行をご紹介します。

【編集部より】

あけましておめでとうございます。今年も『健康のまぐまぐ!』をよろしくお願いいたします。

お正月はどのように過ごされましたか? 今回は新年特別号として、ごちそうの食べ過ぎですっかり体重が・・・なんて方にぴったりのスッキリヨガ体操と、胃を休める養生お雑煮レシピをご用意しました! そして新コーナーもあります♪ あなたの「歯」を守るお話です。是非今日から実践してみてくださいね。

今年も皆様の健康生活を応援していきます!

正しい歯磨きの方法/歯の健康塾

食後すぐの歯磨きは間違い?!

初めまして。歯科医の天野です。これから毎月、皆さんといっしょに「歯の健康」について学んで行こうと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

正しい歯磨きの方法/食後すぐ
【食後すぐの歯】酸によってリンやカルシウムが失われエナメル質がもろくなる。
※画像をクリックすると大きな画面で見られます。

さて、多くの方は子供の頃から、虫歯予防のために食後すぐに歯磨きをするよう習慣づけられてきたと思います。ところがこの習慣が、実は歯にダメージを与える可能性があることが最近になってわかってきました。その理由は、私達の食事が酸性の食べ物がとても多い事にあります。ではなぜ、酸性の食べ物が多いと、食後すぐの歯磨きをしてはいけないのでしょうか?

歯の表面は、ダイヤモンドにも匹敵するエナメル質という硬い組織で守られています。しかしこのエナメル質は酸に弱く、お口の中が酸性になると、エナメル質に含まれるリンやカルシウムが失われ、もろい状態になってしまいます。なのでこの状態で歯磨きをすると、エナメル質がダメージを受けるリスクが出てくるのです。

しかし食後しばらくすると、唾液の働きにより酸性になったお口の中が中和され、中性に戻ります。また、唾液の中に含まれるリンやカルシウムが再石灰化(さいせっかいか)という作用によって、エナメル質を再び硬くするのです。

正しい歯磨きの方法/食後しばらく経った歯
【食後しばらく経った歯】唾液によって中和され、再石灰化でエナメル質が硬くなる。
※画像をクリックすると大きな画面で見られます。

なのでこれからは、食後すぐに歯を磨くのではなく「15分」を目安に待ってみましょう。そうすることでお口の中が唾液で中和され、そして再石灰化によりエナメル質が修復されます。健康で丈夫な歯への第1歩として、まずは歯磨きの習慣を見直してみましょう。


[著者DATA]
天野聖志

米国マーケット大学歯学部大学院、マスターオブサイエンス修士課程卒業。単に虫歯や歯周病の治療をするだけではなく、将来に渡って歯の健康を視野に入れた治療をするため、専門医による米国式チーム歯科治療を行う。
>> 歯科で抜歯される前に!歯周病、虫歯の歯を残す治療法
>> ドクター天野の歯科診療室

【健康のまぐまぐ!】2013/01/11 号(毎週金曜日発行)
※旧:健美まぐ!です。
正しい歯磨きの方法/ツイッター 正しい歯磨きの方法/facebook

責任編集 :大原広軌
スタッフ :野瀬紗也佳 宮原妙子

発行元 :株式会社まぐまぐ
配送技術 :株式会社アットウェア

「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
株式会社まぐまぐは、プライバシーマーク認定企業です
【健康のまぐまぐ!は、転載、複写、大歓迎です。】

正しい歯磨きの方法/まぐまぐ

【健康のまぐまぐ】バックナンバーはこちらです。

【健康のまぐまぐ】2013年1月11日号配信版はこちらです。

ドクター天野へのご相談はこちらへ 正しい歯磨きの方法相談

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約