メルマガ読者100万人 【健康のまぐまぐ】2013年7月5日号

歯ブラシの交換時期/健康のまぐまぐ

【今週の目次】

◇ What’s Up,歯?
Dr.天野がお教えします! いつまでも歯は大切に。

◇ 女性のカラダ☆お悩み改善広場
身体のお悩み症状を改善に導く情報をお届けします。

◇ 健康知恵袋
即お役立ち、日常の健康豆知識をご紹介します!

◇ まぐまぐ!からお知らせ
まぐまぐのお得なサービスをご紹介します。

◇ 明日の体をつくる健康食習慣!
野菜ソムリエ、薬膳料理研究家などプロ直伝の自宅でできる健康レシピをご紹介します。

【編集部より】

毎日使う歯ブラシ、どれくらいで取り替えるのがベスト?今さら聞けないそんな疑問に現役歯科医がお答えします。そして悲しいかな…、年を感じる膝の痛みに、理学気功的な対処法を! 知恵袋のコーナーでは、ストレスと骨の意外な関係を紐解きます。そして今週の健康食コーナーには、旬のトマトがおいしい和風ラタトゥユのレシピが登場!

7月に入って夏らしさもぐんとUP! 健康度も上げていきましょう~♪

歯ブラシの交換時期/歯の健康塾

歯ブラシの交換時期はいつ?

こんにちは、歯科医の天野です。さて、みなさんはどんなタイミングで歯ブラシを交換していますか? おそらく意識して交換している方は少ないと思いますが、実は新品の歯ブラシと長い間使った歯ブラシでは、歯磨きの効果が大きく変わってしまいます。

新しい歯ブラシ
【図1】毛先が歯ブラシの柄から見えなければ、汚れをしっかり落とすことができる。

新品の歯ブラシは、ブラシにコシがあり毛先もそろっているので、毛先が歯と歯の間の細かい箇所に届き、汚れをしっかり落とすことができます。ところが使い古した歯ブラシは、毛先が開いてコシもなくなっているので、いくら磨いても毛先が細かい箇所に届かず、汚れが残ってしまいます【図1】。

かといって、常に新品の歯ブラシを使うわけにもいきませんよね。そこで交換するタイミングの見極めですが、歯ブラシを後ろから見て判断するのがお勧めです。この時、歯ブラシの柄から少しでも毛先が見えていたら、毛先が開いてきた証拠なので、交換時期というわけです【図2】。

古い歯ブラシ
【図2】毛先が歯ブラシの柄から見えると、汚れが残ってしまうので交換時期。

ところで昔読んだ小説の中に、元旦に家族全員で歯ブラシを新しい物に交換するという一節がありました。ということは1年中同じ歯ブラシを使っているということですが、さすがにこれは長く使い過ぎです。通常の使い方をしていれば、歯ブラシの毛の硬さなどにもよりますが、1~2ヶ月に1回程度の交換頻度になると思います。逆に短期間で毛先が開いてしまうようなら、歯磨きの時の力の入れ方が強すぎるなど、自分の歯磨きの癖を把握する指標にもなりますね。


[著者DATA]
天野聖志

米国マーケット大学歯学部大学院、マスターオブサイエンス修士課程卒業。単に虫歯や歯周病の治療をするだけではなく、将来に渡って歯の健康を視野に入れた治療をするため、専門医による米国式チーム歯科治療を行う。
>> 歯科で抜歯される前に!歯周病、虫歯の歯を残す治療法
>> ドクター天野の歯科診療室

【健康のまぐまぐ!】2013/07/05 号(毎週金曜日発行)
歯ブラシの交換時期/ツイッター 歯ブラシの交換時期/facebook

発行元 :株式会社まぐまぐ
配送技術 :株式会社アットウェア

「まぐまぐ」は株式会社まぐまぐの登録商標です
株式会社まぐまぐは、プライバシーマーク認定企業です
【健康のまぐまぐ!は、転載、複写、大歓迎です。】

歯ブラシの交換時期/まぐまぐ

【健康のまぐまぐ】バックナンバーはこちらです。

【健康のまぐまぐ】2013年7月5日号配信版はこちらです。

ドクター天野へのご相談はこちらへ 歯ブラシの交換時期相談

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約