金属床総入れ歯
金属床総入れ歯とは
総入れ歯
金属床総入れ歯

通常の総入れ歯では、プラスチックで作られる歯茎にあたる部分を金属で作った総入れ歯です。

プラスチックに比べて金属は歯茎の形をより正確に再現できるため、歯茎との密着度が増して、総入れ歯でも、より噛めるようになります。また 総入れ歯安定剤なども必要なくなります。

右の写真は、金属床総入れ歯の歯茎に当たる部分です。歯茎の細かいひだが再現されているのが見えます。

総入れ歯
通常のプラスチックの総入れ歯

右の写真は通常のプラスチックの総入れ歯です。プラスチックは作るときに、膨張や収縮が起こるので、歯茎の細かい形を再現するのが難しいのです。

入れ歯安定剤が必要なのは、こうした原因からです。

ドクター天野へのご相談はこちらへ リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約