ミドリムシのサプリメント『ミドリムシのちから』の栄養吸収率
ミドリムシのちから/みどりむしサプリメント写真

通常、私達が野菜などを食べた時に吸収される栄養素は、その食品が持つ栄養素の40%程度と言われています。
これは、植物が持っている細胞壁を壊す酵素を、私達人間が持っていないためです。
動物の性質も持つミドリムシのサプリメントは、植物が持つ細胞壁が無いことから、その栄養素のほとんどを吸収することが可能です。

『ミドリムシのちから』の栄養素の体への吸収率は93%

ミドリムシは、動物と植物の両方の性質を合わせ持つため、植物にある細胞壁が無く、細胞が細胞膜で構成されています。

ミドリムシのちから/みどりむしサプリメント細胞壁

細胞壁があると、私達人間には、これを分解するセルラーゼという成分が無いため、栄養素の吸収効率が悪く、例えば私達が野菜などを食べた時に吸収される栄養素は、その食品が持つ栄養素の40%程度と言われています。

しかし、ミドリムシの細胞を覆っているのは、細胞膜のみですので、効率的な栄養吸収が可能なのです。

ミドリムシは動物と植物の性質を持つことから植物に含まれるビタミンCや葉酸、動物に含まれるDHA、EPA、ビタミンB1など、両方の栄養素を持っています。

つまり、ミドリムシから作られたサプリメント『ミドリムシのちから』は、植物の栄養素を持ちながら、細胞壁がないため、本来なら吸収効率が悪い植物性の栄養成分が動物性栄養素と同じくらい、確実に体内の吸収できるのです。(図:株ユーグレナHPより引用)。

ミドリムシのちから/みどりむしサプリメント細胞膜
アミノ酸の栄養素の体への吸収率も83%

アミノ酸の中には様々な種類があり、中でも9種類は体外から摂取しなければならないため、必須アミノ酸と呼ばれています 。

アミノ酸は、サプリメントに含まれているそれぞれのアミノ酸のバランスが悪いと、壊れたバケツの様に流れ出てしまい、効率的に吸収出来ません。

『ミドリムシのちから』はアミノ酸をバランス良く含んでいるため、クロレラなどのアミノ酸を含む代表的なサプリメントの吸収率が50%前後なのに比べて、アミノ酸の吸収率が83%可能です。

ミドリムシのちから/みどりむしサプリメントアミノ酸
ミドリムシのサプリメント『ミドリムシのちから』の詳細へ戻る
ドクター天野へのご相談はこちらへ リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約