読者数1万人、メールマガジンのご紹介

『歯科で抜歯される前に!歯周病,虫歯の歯を残す歯科治療法 』

http://amanodental.com/img/mail-picture-b-mlmag.jpg)

発行:月1回
2016年11月読者数10,481人

『この歯は歯槽膿漏なので、もう寿命ですね。残念ですが抜きましょう。』
歯科医院でこんなふうに言われた時、あなたは疑問に思いませんでしたか?
本当にこの歯は抜かなければだめなの?現代医学でなんとかならないの?と

 

はじめまして。

Dr.天野の歯科診療室、院長の天野聖志です。

 

この頃、私の歯科医院では、

 

『歯槽膿漏で歯ブラシを頑張るだけしか手がない。後は抜けるのを待つだけ。
と言われているけれども抜歯したくない。なんとかならないか?』

 

『抜歯して入れ歯かインプラントにしましょうと言われているが、入れ歯は嫌だし、 インプラントはなんとなく不安なので、歯を残して治療出来ないだろうか?』

 

など、歯を抜きたくない患者さんからの問い合わせが随分と増えました。

 

歯も臓器の一部と考えれば、抜歯は臓器の一部を取られてしまうのですから、一大事。

 

もちろん歯の状態によっては残せない方もいらっしゃいますが、 一度抜歯と言われた方でも、抜歯しなくて残せる場合も多く、 その時には患者さんに大変喜んでいただけるので、 私も歯を助けられて良かったと本当に嬉しく思います。

 

このメールマガジンでは、歯槽膿漏、歯周病や虫歯で歯が抜かれてしまう根本的な原因と、歯を一本でも多く残すための治療法や予防法をお伝えし、多くの方が抜歯にならないようにするのを目的としています。  

また、以下のような方々にも是非読んでいただきたいと思っています。

 

・歯槽膿漏、歯周病は治らないとあきらめている方
・ひどい虫歯で歯を抜かれそうで怖くて歯医者に行けずにいる方
・次回この歯は抜きましょうと言われてそのまま放置してしまっている方
・残念ながらすでに抜かれてしまったけれども後悔している方

 

一人でも多くの方が抜歯にならないように、悩んでいる皆さんにこのメールマガジンを 読んでいただけたら幸いです。

 

バックナンバーはこちらです。

成人の歯は、抜いたら二度と生えてはきません

ご自分の歯を大切にしましょうね。

メルマガ登録・解除 ID: 0000244409
歯科で抜歯される前に!歯周病、虫歯の歯を残す治療法
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約