歯の神経を抜かない治療のお勧め記事一覧

歯の神経を抜かない治療法、歯の神経を抜かない治療例、知識、お勧めの歯の神経を抜かない治療の関連記事などをお伝えします。

歯の神経を抜かない治療

虫歯を完全に除去すると神経まで達してしまい、神経を抜くことになってしまう時などにドックベストセメント治療を行うと、神経を抜かないで済む確立が高くなります。

歯の神経を抜かないドックベストセメント治療 歯の神経を抜かないドックベストセメント治療リンク
歯の神経を抜かないプラズマレーザー治療

プラズマレーザー『ストリーク』は、健康な歯を傷つけることなく、虫歯のみを除去する最新治療です。患者さんはほとんど痛みを感じることがないため、ほとんどの場合、麻酔も必要ありません。また上記のドックベストセメント治療と併用すると、神経を抜かないで治療できる可能性が飛躍的に高まります。

歯の神経を抜かないプラズマレーザー治療 歯の神経を抜かないプラズマレーザー治療リンク
歯の神経を抜かない3Mix法治療

3Mix法は、3種類の抗生物質を混ぜ合わせた抗菌剤で、歯の中の病原菌を殺菌、無菌化する方法です。虫歯を完全に除去すると神経まで達してしまい、神経を抜くことになってしまう時などに3Mix法を使うと、神経を抜かないで済む確率が高くなります。

歯の神経を抜かない3Mix法治療 歯の神経を抜かない3Mix法治療リンク
歯の神経を抜かないヒールオゾン治療

ヒールオゾン治療では、神経に達するような深い虫歯の場合でも、虫歯を削らずオゾンで殺菌することによって、虫歯の部分の再石灰化を促進させるので、神経を残せる可能性が高くなります。

歯の神経を抜かないヒールオゾン治療 歯の神経を抜かないヒールオゾン治療リンク
歯の神経を抜かないカリソルブ治療

カリソルブは、虫歯に塗布することで、虫歯部分のみを軟らかく溶かす薬です。従来の虫歯治療で虫歯の部分だけではなく健康な歯もいっしょに削ることを最小限に抑えられるため、神経を抜かないで済む確率が高くなります。

歯の神経を抜かないカリソルブ治療 歯の神経を抜かないカリソルブ治療リンク
歯の神経を抜いた写真

歯の神経を抜いた後に行われる神経治療は一般的に難易度が高く、神経を抜いて消毒し、詰め物をする根管治療をしても、ばい菌が残って膿を作ってしまうリスクがあります。

歯の神経を抜いた後について 歯の神経を抜かない治療リンク
歯の神経を抜かない治療例

歯の神経を抜かない治療を実際に受けられた方の治療例です。

歯の神経を抜かない治療例 歯の神経を抜かない治療例リンク
歯の神経を抜かない治療の患者さん日記
歯の神経を抜かない治療患者

虫歯で歯が欠けたが神経を抜きたくない(30歳女性)

歯の神経を抜かない治療治療患者1

虫歯がC3で神経を抜くと言われる(36歳男性)

歯の神経を抜かない治療患者2

虫歯で神経を絶対抜きたくない(31歳女性)

歯の神経を抜かない治療患者3

虫歯が深いが神経を抜きたくない(55歳女性)

歯の神経を抜かない治療患者4

虫歯を削って痛みが出たら神経を抜く(23歳男性)

歯の神経を抜かない治療患者5

虫歯で神経を抜いて被せ物と言われた(42歳男性)

歯の神経を抜かない治療患者6
歯の神経を抜かない治療法ページへ歯の神経を抜かない治療法ページリンク
ドクター天野へのご相談はこちらへ リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約