歯槽膿漏、歯周病と活性酸素の関係
歯槽膿漏、歯周病と活性酸素の関係について
歯槽膿漏,歯周病と活性酸素生活習慣病

ご存知の方も多いと思いますが、歯槽膿漏、歯周病は世界で最も患者数が多いとも言われる感染症です。

厚生労働省によれば、日本でも7割の方々が歯周病にかかっています。

この歯周病。かつては単に歯周病菌が原因と思われていたのですが、近年の研究で 全身の免疫力低下(免疫不全)が、歯周病の原因に大きく関係していることがわかってきました。

そして、その免疫力低下に活性酸素が大きく関与しているのです。

活性酸素が歯槽膿漏、歯周病を引き起こすメカニズム
歯槽膿漏,歯周病と活性酸素歯槽膿漏

私たちの身体に精神的、肉体的なストレスがかかると、交感神経が緊張し、歯茎の血管を含む末梢血管に収縮が起こり、血流が悪くなります。

(つまり歯茎に血液を送っている血管が縮んで、血液の流れが悪くなるのです。)

歯茎の血液の流れが悪くなると、私たちの身体の免疫システムは機能が低下してしまうので、結果として、お口の中の歯周病菌が増えます。

そこで白血球の中の細菌を貧食する顆粒球と呼ばれる血液成分が、歯周病菌をやっつけるために歯茎の組織に集まり増加し、活性酸素を出して歯周病菌を退治してくれるのです。

ところが、この顆粒球が過剰に集まるため、顆粒球の出す活性酸素が歯周病菌を退治するたけでなく、歯茎の組織を破壊してしまい、結果として歯周病が発症し、進行してしまうわけです。

(活性酸素を出した後の顆粒球は、その場で死んでしまうので、その死骸が膿として出てきます。)

歯槽膿漏,歯周病と活性酸素メカニズム

こうして活性酸素によって破壊された歯茎の組織は炎症を起こし、うっ血というさらに血液の流れが悪い状態になり、それによってまた顆粒球が集まって活性酸素を出すという悪循環を繰り返して、歯周病が進行していくのです。

活性酸素とは

活性酸素は、呼吸を通して酸素を消費する過程で絶えず生成されている物質で、簡単に言うと酸素の中でも特に酸化力が強い酸素のことです。

活性酸素は外部から侵入した細菌を殺菌するなど私たちの身体の中で重要な働きをしています。

ところが、活性酸素は酸化力が強いため、細胞を傷つけやすい性質があり、一定量を超えると、酸素が鉄と結びつくとさびてしまうように、細胞を傷つけ身体をさびさせてしまい、糖尿病、高血圧、動脈硬化、高脂血症などの生活習慣病をはじめとする様々な病気やシミ、シワといった老化現象を引き起こします。

通常、活性酸素の適正量は体内酸素の2~3%ですが、激しい運動、細菌やウイルスの感染、ストレス、食品添加物、大気汚染、たばこ、肥満 、生活環境の劣化などにより増加すると言われています。

●活性酸素が引き起こすといわれる病気

糖尿病・歯周病・高血圧・動脈硬化・脳血管障害(脳出血や脳梗塞)・老人性痴呆・虚血性心疾患(心筋梗塞)・脳梗塞・虚血(血流障害)・腫瘍(がん)・白内障・アトピー性皮膚炎・胃炎・肝炎・関節炎・各種炎症・薬剤障害(薬剤性肝臓障害など)・農薬中毒(パラコート中毒など)・自己免疫疾患・ストレス性かいよう・エイズ・パーキンソン病など。

活性酸素を除去するサプリメント 『ソデッシュ』

サプリメントは沢山の種類があり、どれを飲んでいいのか迷ってしまいますが、『 ソデッシュ』は、生活習慣病を引き起こす活性酸素を除去する抗酸化作用がある大豆、小麦胚芽、ハトムギ、緑茶、ゴマなど14種類の植物原料を遠赤外線による焙煎と麹による発酵で低分子化し、栄養素の身体への吸収性を高めた抗酸化サプリメントです。

活性酸素は、呼吸する過程で絶えず生成されている物質ですが、増えすぎると正常な細胞まで傷つけてしまい、様々な生活習慣病を引き起こす原因になります。

ソデッシュは、この活性酸素を取り除くSOD(スーパーオキシドジスムターゼ)という酵素を含んだサプリメントで、日本で唯一、活性酸素抑制組成物として特許を取っているSOD様抗酸化食品です。

『ソデッシュ』についての詳細はこちらをご覧ください。
活性酸素除去サプリメントを併用した歯周病治療例
歯周病の治療前

歯槽膿漏による前歯の歯茎の腫れと全体的な歯の揺れを主訴としていらした方です。

診査の結果、お口全体で歯槽膿漏が進んで、ほとんどの歯が揺れていました。

また、奥歯が動いて噛み合せの高さが低くなってしまったために、噛み合せが深くなってしまい、奥歯にさらに噛み合せの負担が過度に掛かっている咬合性外傷と呼ばれる状態でした。

また、この方は若いころから糖尿病があり、それが歯槽膿漏を悪化させる要因にもなっているようでした。

低い深い噛み合わせについての詳細はこちらをご覧ください。

咬合性外傷についての詳細はこちらをご覧ください

糖尿病と歯周病についての関係はこちらをご覧ください。

歯周病の治療後

歯槽膿漏の治療後の写真です。 一本ずつの歯を支えている歯槽骨の量が少なくて歯が揺れている部分を補うため、すべての歯をブリッジタイプの差し歯でつないで固定しています。

残念ながら、上顎14本のうち、2本は歯槽膿漏の状態がかなり進んでいて抜歯になりましたが、他の12本は抜かないで残せました。

また、差し歯によって安定した噛み合せの基本(犬歯誘導)の状態を作りましたので、前歯、奥歯、共に負担が掛からない理想的な噛み合せになりました。

歯槽膿漏の治療は、高濃度のパーフェクトペリオによる歯槽膿漏治療を行い、歯周病菌と虫歯菌の完全殺菌を行いました。

また、歯槽膿漏を悪化させる要因の糖尿病については、糖尿病を引き起こす活性酸素を除去するサプリメントのソデッシュを処方したところ、糖尿病の数値も改善しました。

治療後はパーフェクトペリオホームケアを使用していただくことで、お口の中に虫歯菌と歯周病菌が居ない状態を保つことによって、治療後も歯と歯茎の良い状態を長く保っています。

安定した噛み合せの基本(犬歯誘導)についての詳細はこちらをご覧ください。

全身管理による歯槽膿漏、歯周病治療についての詳細はこちらをご覧ください。
ドクター天野へのご相談はこちらへ リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約