歯槽膿漏の歯科治療室

歯槽膿漏の歯科治療室

米国マーケット大学
歯科修士課程卒業
マスターオブサイエンス
米国補綴歯科学会認定医

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
歯槽膿漏の歯科治療室
 

天野歯科医院 患者さん日記

 

歯槽膿漏の歯科治療室日記

 

2015年1月1日

 

41歳男性

会社の近くの歯科医院で定期健診を受けたところ、上の前歯の間に虫歯が見つかり、削って治す必要があると言われました。

しかし、よく話を聞いてみると、虫歯の部分がちょうど歯と歯の間なので、かなり歯を削らないと虫歯の部分までドリルが到達できないらしいのです。

でも、虫歯と言われても自覚症状は全くなく、それなのに沢山削られるのは嫌だったため、別の方法はないものかと、セカンドオピニオンの目的で来院されました。

 

お口の中とレントゲンを拝見すると、虫歯は肉眼ではほとんど確認できないくらい小さいように思われました。

そこで、レーザー光で虫歯の測定をするダイアグノデントで診査してみたところ、初期虫歯ということがわかりましたので、虫歯を削らないで治すヒールオゾン治療を行い、加えてプラズマレーザーによる歯の歯質強化処置をして、虫歯が出来難くすることにしました。

またパーフェクトペリオで毎日うがいをしていただき、虫歯予防もしていただくことにしました。

 

患者さん日記2015年1月へ
 
患者さん日記症例別ページへ
 
ドクター天野へのご相談はこちらへ
 

Dr.天野の歯科治療室


 
天野歯科医院
〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-17-1
虎ノ門5森ビル1階
03−3502−3007
歯槽膿漏の歯科治療室予約

歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約