歯槽膿漏の歯科治療室

歯槽膿漏の歯科治療室

米国マーケット大学
歯科修士課程卒業
マスターオブサイエンス
米国補綴歯科学会認定医

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
歯槽膿漏の歯科治療室
 

天野歯科医院 患者さん日記

 

歯槽膿漏の歯科治療室日記

 

2015年1月16日

 

37歳女性

久しぶりに近所の歯科医院へ検診に行ったところ、口の中に入っている全ての銀の詰め物の下が虫歯になっていると言われてしまいました。

そして、まず左上の詰め物を外して虫歯の治療をすることになったのですが、思った以上に沢山削られ、詰め物がかなり大きくなってしまいました。

先生は他の8本の詰め物も順番に治療していくと言うのですが、最初の2本で沢山削られたのがショックで、削らないで治療はできないものかと、セカンドオピニオンの目的で来院されました。

 

お口の中とレントゲンを拝見すると、通常のレントゲンでは銀歯の下の虫歯は、はっきりとは確認できませんでした。

そこで、CTスキャンで立体的に精密検査を行ってみたところ、8本のうちの2本には確かに虫歯が見つかりましたが、残りの6本は虫歯ではありませんでした。

また、虫歯になっていた2本も、深い虫歯ではなかったため、虫歯を削らないで殺菌除去するプラズマレーザー治療でほとんど歯を削ることなく虫歯治療を行うことにしました。

またその後はパーフェクトペリオで毎日うがいをして虫歯予防をしていただくことにしました。

 

患者さん日記2015年1月へ
 
患者さん日記症例別ページへ
 
ドクター天野へのご相談はこちらへ
 

Dr.天野の歯科治療室


 
天野歯科医院
〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-17-1
虎ノ門5森ビル1階
03−3502−3007
歯槽膿漏の歯科治療室予約

歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約