歯槽膿漏の歯科治療室

歯槽膿漏の歯科治療室

米国マーケット大学
歯科修士課程卒業
マスターオブサイエンス
米国補綴歯科学会認定医

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
歯槽膿漏の歯科治療室
 

天野歯科医院 患者さん日記

 

歯槽膿漏の歯科治療室日記

 

2015年2月7日

 

16歳女性

左下の奥歯に黒い部分があるのを見つけたため、家の近所の歯科医院へ受診したところ、虫歯なので削って銀の詰め物をする必要があると言われました。

しかし、今まで虫歯になったことはなく、歯を削ったり銀の詰め物をするのはなんとなく嫌だったため、削らないで治療ができないものかと、セカンドオピニオンの目的で来院されました。

 

お口の中とレントゲンを拝見すると、噛み合わせ面に小さな黒い点が認められましたが、レントゲン上では虫歯は深くはないように見えました。

そこで虫歯の深さをレーザー光で測るダイアグノデントで診査したみたところ、通常では削って詰め物をするような虫歯ではありましたが、範囲は広くはありませんでしたので、虫歯を削らないで殺菌除去するプラズマレーザー治療を行い、天然の歯のようなプラスチックの詰め物エステライトプロコンポジットレジンを詰めることにしました。

また虫歯予防のためにパーフェクトペリオで毎日うがいをしていただくことにしました。

 

患者さん日記2015年2月へ
 
患者さん日記症例別ページへ
 
ドクター天野へのご相談はこちらへ
 

Dr.天野の歯科治療室


 
天野歯科医院
〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-17-1
虎ノ門5森ビル1階
03−3502−3007
歯槽膿漏の歯科治療室予約

歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約