歯槽膿漏の歯科治療室

歯槽膿漏の歯科治療室

米国マーケット大学
歯科修士課程卒業
マスターオブサイエンス
米国補綴歯科学会認定医

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
歯槽膿漏の歯科治療室
 

天野歯科医院 患者さん日記

 

歯槽膿漏の歯科治療室日記

 

2015年2月28日

 

35歳男性

子供の時に近所の歯科医院で治療した時、麻酔がよく効かないまま、押さえつけらえて乳歯を抜歯されたのがトラウマになり、大人になってからも歯科恐怖症で歯科医院へ受診できなくなってしまいました。

そして、その間に虫歯がいくつも出来て、歯が欠けたり、痛みが出たりもしたのですが、なんとなく薬でごまかして、そのまま放置していました。

しかし、先日前歯が立て続けに折れてしまい、歯がすべて無くなる恐怖を感じたため、ネットで評判が良い歯科医院へ思い切って受診しました。

ところが、そこの歯医者さんはとても人気があるようで、予約して行ったのですが、1時間待ちでやっと診てもらえるよう状態で、先生は忙しいのか、歯を診るなり、とりあえず3本抜歯しましょうと言われてしまいました。

でも、先生が多忙なのはわかりますが、治療計画など詳しい説明もなく、いきなり抜歯と言われてしまい、このままではまた何年も歯科医院へ行けなくなると思ったため、セカンドオピニオンの目的で来院されました。

 

お口の中とレントゲンを拝見すると、長年虫歯を放置していたため、お口の中はかなり虫歯が進行している歯が沢山ありました。

そこで、まずCTスキャンで立体的に精密検査を行ってみたところ、歯茎の上の虫歯はかなり進行していたのですが、歯茎の中の歯の根はまだ大丈夫な歯も多くあったため、クラウンレングスニング等、様々な特殊治療を行って、出来る限り抜歯しないで治療を行うことにしました。

 

患者さん日記2015年2月へ
 
患者さん日記症例別ページへ
 
ドクター天野へのご相談はこちらへ
 

Dr.天野の歯科治療室


 
天野歯科医院
〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-17-1
虎ノ門5森ビル1階
03−3502−3007
歯槽膿漏の歯科治療室予約

歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約