歯槽膿漏の歯科治療室

歯槽膿漏の歯科治療室

米国マーケット大学
歯科修士課程卒業
マスターオブサイエンス
米国補綴歯科学会認定医

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
歯槽膿漏の歯科治療室
 

天野歯科医院 患者さん日記

 

歯槽膿漏の歯科治療室日記

 

2015年3月6日

 

45歳男性

以前から歯科医院が苦手で、この数年は歯に痛みなどもなかったので、全く受診しないでいました。

しかし、先日奥歯に虫歯が出来ているような感覚を覚えたため、会社の近くの歯科医院へ受診しました。

その歯科医院でレントゲン診査を行ったところ、やはり奥歯に虫歯が見つかったのですが、その時に先生から歯石が口全体にひどく付いていて、歯周病にもなっていると言われました。

そして、虫歯治療と共に歯石を除去する必要があると言われたのですが、実は以前に歯石を歯科医院で取った時にとても痛い思いをしたために、歯科医院へ行けなくなっていたのです。

そこで、今度も痛みがあるのではと思い、先生に尋ねてみたところ、人によって痛みの程度は違うけれども、痛みが全くないわけではないという話でした。

でも、そう聞いてしまうと、怖くてまた歯科医院へ行けなくなりそうで、しかも歯石を取るためだけに麻酔もしたくなかったので、麻酔をしないで、痛くなく歯石取りができないものかと、セカンドオピニオンの目的で来院されました。

 

お口の中とレントゲンを拝見すると、長年歯科医院へ受診していなかった影響で歯と歯茎の中に歯石がびっしり付いていて、歯周病も中等度まで進んでいるような状態でした。

また、特に歯茎の中の歯石は麻酔をしないと痛くて取れないと思われるほど、ひどく付いていました。

そこで、プラズマレーザーに麻酔効果があるため、 プラズマレーザー治療パーフェクトペリオ歯周病治療を併用して、通常の麻酔をしないで、痛くなく歯石を全て除去することにしました。

また、その後は歯周病と虫歯予防のために、パーフェクトペリオを ご自宅で使っていただくことにしました。

 

患者さん日記2015年3月へ
 
患者さん日記症例別ページへ
 
ドクター天野へのご相談はこちらへ
 

Dr.天野の歯科治療室


 
天野歯科医院
〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-17-1
虎ノ門5森ビル1階
03−3502−3007
歯槽膿漏の歯科治療室予約

歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約