歯槽膿漏の歯科治療室

歯槽膿漏の歯科治療室

米国マーケット大学
歯科修士課程卒業
マスターオブサイエンス
米国補綴歯科学会認定医

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
歯槽膿漏の歯科治療室
 

天野歯科医院 患者さん日記

 

歯槽膿漏の歯科治療室日記

 

2015年4月4日

 

18歳女性

大人の歯が生え変わって物心つく頃に、前歯の歯1本に白い塊のような物が付いているのに気が付きました。

最初は、汚れがついているのかと思って、歯磨きを一生懸命してみたのですが、全くなくなりません。

その後、学校が忙しくて、その白い塊についてはあまり気にしていなかったのですが、大学生になっておしゃれに気を使うようになった頃から、また気になり出し、歯を出して笑うことができなくなってしまいました。

そこで、近所の歯科医院へ受診したところ、その白い塊はホワイトスポットと呼ばれるもので、大人の歯が生えてくる時に、歯の表面のエナメル質がうまく出来ない部分があると、そうなってしまうという事がわかりました。

そして、ホワイトスポットを治すには、その白い部分をドリルで削り取ってプラスチックの詰め物を詰めるしか方法がないと言われました。

しかし、他の歯は虫歯が一本もなく、今まで歯を削られたことが無かったため、健康な歯を傷付けないで、ホワイトスポットを治す方法はないものかと、セカンドオピニオンの目的で来院されました。

 

お口の中とレントゲンを拝見すると、ホワイトスポットがある歯の周りの歯は、全くの健康な歯で、他の歯にも治療した後は認められず、歯を削りたくないことは良く理解できました。

そこで、プラズマレーザー治療でホワイトスポット部分の歯の歯質改善処置をして、オーラループというエナメル質を再生させる働きのある薬剤を電気的に歯に浸透させるイオン導入という方法を繰り返し行うことによって、削らないでホワイトスポットを改善してみることにしました。

 

患者さん日記2015年4月へ
 
患者さん日記症例別ページへ
 
ドクター天野へのご相談はこちらへ
 

Dr.天野の歯科治療室


 
天野歯科医院
〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-17-1
虎ノ門5森ビル1階
03−3502−3007
歯槽膿漏の歯科治療室予約

歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約