歯槽膿漏の歯科治療室

歯槽膿漏の歯科治療室

米国マーケット大学
歯科修士課程卒業
マスターオブサイエンス
米国補綴歯科学会認定医

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
歯槽膿漏の歯科治療室
 

天野歯科医院 患者さん日記

 

歯槽膿漏の歯科治療室日記

 

2015年4月12日

 

60歳女性

以前から顎関節症になっていて、顎の関節の痛みや音が出る症状が続くので、治療をして治そうと思い、今まで色々な歯科医院へ受診しました。

その中には、顎関節症の治療を専門にしているという歯科医院も含まれていたのですが、ほとんどの歯科医院が、マウスピースを作って様子を見るような治療が大半で、なかなか顎関節症が治りません。

そして、その中の一軒の先生から、自分では治療ができないから、大学病院へ行ってみてはと勧められ、日本でも有数の歯科大学の附属病院へ紹介され、受診しました。

すると、大学病院の先生は、上下の前歯の噛み合わせが噛んでいないので、矯正治療をする必要があると言うのです。

でも、矯正治療をするには年齢が高齢なので、矯正治療をしても、顎関節症が治せるかわからないと、なんだか頼りない話しか出てきません。

そこで、矯正治療以外に顎関節症をきちんと治せる方法はないものかと、セカンドオピニオンの目的で来院されました。

 

お口の中とレントゲンを拝見すると、大学病院の先生に指摘されたとおり、歯並びの関係で上下の前歯の噛み合わせが噛んでおらず、それによって正しい噛み合わせの基準の犬歯誘導がなく、顎の位置がずれているように思われました。

そこで、噛み合わせの精密検査を行って噛み合わせの基準の中心位を割り出してみたところ、矯正治療ではなく、複数の被せ物で確実な治療ができることがわかりましたので、お口全体の噛み合わせ治療を行うことにしました。

 

患者さん日記2015年4月へ
 
患者さん日記症例別ページへ
 
ドクター天野へのご相談はこちらへ
 

Dr.天野の歯科治療室


 
天野歯科医院
〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-17-1
虎ノ門5森ビル1階
03−3502−3007
歯槽膿漏の歯科治療室予約

歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約