歯槽膿漏の歯科治療室

歯槽膿漏の歯科治療室

米国マーケット大学
歯科修士課程卒業
マスターオブサイエンス
米国補綴歯科学会認定医

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
歯槽膿漏の歯科治療室
 

天野歯科医院 患者さん日記

 

歯槽膿漏の歯科治療室日記

 

2015年5月22日

 

43歳女性

以前から歯周病と口臭に悩んでいるのですが、治療をしてもなかなか改善しません。

いつも口が乾燥しやすく、唾液が少なくなると口の中が熱くなります。そうすると、はっきりした口臭を感じるようになり、家に居る時には歯磨きが出来るのですが、外出中はどうしようもなく、水を飲んでみたり、マスクをしてやり過ごしています。

歯周病の治療で通っている歯科医院では、歯周病が原因で口臭が出ている可能性が高いと言われ、治療法として、毎月歯科医院で歯と歯茎のクリーニングをして、家では正しい歯磨きを念入りにするように言われています。

しかし、先生に言われたとおり、毎月クリーニングに通い、やり過ぎなくらい毎日歯磨きをするのですが、歯周病も口臭も一向に良くなりません。

そして、最近では友人などと外出すると、やはり臭うのか、相手が明らかに口臭に反応しているようなしぐさをするので、あまり外出もできなくなってきてしまいました。

そこで、やはりなんとか治さなければと思い、セカンドオピニオンの目的で来院されました。

 

お口の中とレントゲンを拝見すると、多少歯周病はありましたが、歯磨きを念入りにしているとのことで、歯も歯茎もそれほど悪くない状態でした。

そのため、歯周病が原因による口臭という感じではありませんでした。

ただ、唾液の量は少なく、お口が乾燥しているドライマウスという状態になっていることは確かでした。

ドライマウスになると、お口の中にある歯周病菌や虫歯菌を洗い流すことができなくなるために、相対的に菌数が増えてしまい、それによって口臭が出ることがあります。

また、唾液の量が少なくなる要因の一つは、ストレスなども関係にしてるため、口臭を気にし過ぎて、唾液が更に出なくなっている可能性も考えられました。

そこで、まずはパーフェクトペリオ歯周病治療プラズマレーザー治療を併用して、お口の中の歯周病菌と虫歯菌を完全に殺菌し、唾液が少なくても、歯周病菌からの口臭が出ない状態を作ることにしました。

また、その処置とお家での毎日のパーフェクトペリオのうがいによって、理論的に口臭が出ないという事実を把握していただき、今まで気にしていた口臭でのストレスを軽減していただくことにもしました。

 

患者さん日記2015年5月へ
 
患者さん日記症例別ページへ
 
ドクター天野へのご相談はこちらへ
 

Dr.天野の歯科治療室


 
天野歯科医院
〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-17-1
虎ノ門5森ビル1階
03−3502−3007
歯槽膿漏の歯科治療室予約

歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約