歯槽膿漏の歯科治療室

歯槽膿漏の歯科治療室

米国マーケット大学
歯科修士課程卒業
マスターオブサイエンス
米国補綴歯科学会認定医

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
歯槽膿漏の歯科治療室
 

天野歯科医院 患者さん日記

 

歯槽膿漏の歯科治療室日記

 

2015年6月8日

 

47歳男性

歯科検診のために会社の近くの歯科医院へ受診した際に、歯周病と指摘されました。

先生の話によると、歯茎が全体的に炎症が認められ、歯周ポケットが3〜4mmあるらしいのです。

歯周ポケットの正常値は2〜3mmなので、それほど重度とは言えないけれど、中等度の歯周病と言われました。

治療法を尋ねると、歯科医院に定期的に通って歯と歯茎のクリーニングを行い、家での念入りな歯磨きをするとのことです。

そこで、先生の言うとおり、1ヶ月に1回ずつ歯科医院へ通い、クリーニングをしてもらうことをしばらく続けることにしました。

また、家でも歯科医院で教えてもらったとおり、随分時間を掛けて歯磨きをするようにしました。

ところが、歯茎の炎症はすぐに治まったのですが、歯周ポケットの深さがなかなか改善しません。

先生は歯周病の治療は気長に行うしかないと言うのですが、他に治療法がないのかと、ふと考えて、セカンドオピニオンの目的で来院されました。

 

お口の中とレントゲンを拝見すると、確かに歯周ポケットが3〜4mmの部分が多く、中等度の歯周病になっているのは間違いありませんでした。

そこで、パーフェクトペリオ歯周病治療プラズマレーザー治療を併用して、お口の中の歯周病菌を完全に殺菌し、歯周ポケットの深さを改善することにしました。

また、ご自宅でも毎日パーフェクトペリオでのうがいをしていただくことにしました。

 

患者さん日記2015年6月へ
 
患者さん日記症例別ページへ
 
ドクター天野へのご相談はこちらへ
 

Dr.天野の歯科治療室


 
天野歯科医院
〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-17-1
虎ノ門5森ビル1階
03−3502−3007
歯槽膿漏の歯科治療室予約

歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約