歯槽膿漏の歯科治療室

歯槽膿漏の歯科治療室

米国マーケット大学
歯科修士課程卒業
マスターオブサイエンス
米国補綴歯科学会認定医

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
歯槽膿漏の歯科治療室
 

天野歯科医院 患者さん日記

 

歯槽膿漏の歯科治療室日記

 

2015年6月17日

 

50歳女性

左側の上下の奥歯が前触れもなく、突然痛くなり、なにも食べられなくなってしまったため、急いでかかりつけの歯科医院へ受診しました。

するとレントゲンを診た先生から、歯周病になっている旨を伝えられました。

先生の話によると、歯周病で歯の根が普通の人より短いので、すべての歯を削って歯全部を繋いで固定する必要があると言うのです。

でもなんだか先生の話に納得がいかず、また歯を全部削ってしまうのに不安もありました。

そこで、本当に歯の根が普通の人より短いのか、そして、先生の言われたとおり、歯を全部削って繋げる必要があるのか確かめるために、セカンドオピニオンの目的で来院されました。

 

お口の中とレントゲンを拝見すると、確かに左側の上下の奥歯は歯を支える歯槽骨が少なくなっている部分が認められ、歯周病のような状態になっていました。

ただ、先生が言うように普通の人よりも根が短いというわけではなく、また、左側の上下の歯以外は、歯槽骨は正常な状態であるように見えました。

そこで、お口全体の噛み合わせを確認してみたところ、今まで多くの被せ物や詰め物を奥歯に入れてきた影響で、奥歯の噛み合わせが低くなってしまい、それによって左側の上下の歯に噛み合わせの過度な力が掛かる咬合性外傷になっていることがわかりました。

咬合性外傷になると、歯周病でなくても、歯周病のように歯槽骨が無くなってしまう状態になります。

そこで、お口全体の噛み合わせ治療を行い、左側の上下の歯の咬合性外傷を解消することにしました。

 

患者さん日記2015年6月へ
 
患者さん日記症例別ページへ
 
ドクター天野へのご相談はこちらへ
 

Dr.天野の歯科治療室


 
天野歯科医院
〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-17-1
虎ノ門5森ビル1階
03−3502−3007
歯槽膿漏の歯科治療室予約

歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約