歯槽膿漏の歯科治療室

歯槽膿漏の歯科治療室

米国マーケット大学
歯科修士課程卒業
マスターオブサイエンス
米国補綴歯科学会認定医

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
歯槽膿漏の歯科治療室
 

天野歯科医院 患者さん日記

 

歯槽膿漏の歯科治療室日記

 

2015年8月24日

 

52歳女性

50代になった頃から、朝起きると口の中がネバつくようになりました。

最初の頃は、朝起きた時だけだったのですが、最近では日中でも口の中がネバつくようになり、市販の洗口剤を使ってみたのですが、良くなるのは、洗口剤を使った直後だけで、またすぐに元の状態に戻ってしまいます。

そこで、近所の歯科医院へ受診してみたところ、先生から歯周病になっていると言われました。

ところが先生からは、歯周病は治らない病気なので、出来ることは、歯科医院で定期的に歯と歯茎のクリーニングを行い、家で歯磨きを頑張ってするくらいしか、やることがないと言われてしまったのです。

それでも、少しでも良くなればと、その歯科医院で毎月1回歯と歯茎のクリーニングを受け、勧められた緑色の洗口剤を使いながら、歯科医院で指導されたとおりの歯磨き方法で毎日念入りに歯磨きを行うことにしました。

しかし、何ヶ月か歯科医院に通って、クリーニングを受け、家での歯磨きもかなり頑張ってしたのですが、口のネバつきは全く改善する気配もありません。

それどころか、ネバつきがひどくなって、朝気持ち悪くて起きてしまう程で、睡眠不足になってきてしまいました。

そこで、本当に歯周病は治らないのかと疑問に思い、セカンドオピニオンの目的で来院されました。

 

お口の中とレントゲンを拝見すると、歯周病自体はすごくひどい状態ではなく、ところどころに歯周ポケットが深い部分が認められる中等度程度の状態でした。

ただ、お口の唾液の量が少なく、ドライマウスの状態になっているように思われました。

ドライマウスになると、本来唾液で洗い流されている歯周病菌が、お口の中で増えてしまい、それがベタつきの原因になってしまいます。

そこで、パーフェクトペリオ歯周病治療プラズマレーザー治療を併用して、お口の中の歯周病菌を完全殺菌し、ベタつきを解消することにしました。

また、その後は毎日パーフェクトペリオでうがいをして、歯周病菌のいない状態を保っていただくことにしました。

 

患者さん日記2015年8月へ
 
患者さん日記症例別ページへ
 
ドクター天野へのご相談はこちらへ
 

Dr.天野の歯科治療室


 
天野歯科医院
〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-17-1
虎ノ門5森ビル1階
03−3502−3007
歯槽膿漏の歯科治療室予約

歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約