歯槽膿漏の歯科治療室

歯槽膿漏の歯科治療室

米国マーケット大学
歯科修士課程卒業
マスターオブサイエンス
米国補綴歯科学会認定医

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
歯槽膿漏の歯科治療室
 

天野歯科医院 患者さん日記

 

歯槽膿漏の歯科治療室日記

 

2015年8月31日

 

47歳男性

若い頃から歯が悪く、40代に入ってからは歯周病がかなり進んできてしまいました。

そのため、家の近所の歯科医院へ通っているのですが、行くたびに歯石のクリーニングだけで終わってしまいます。

先生からは、なるべく自分の歯を残すように家でも歯磨きを頑張るように言われているのですが、歯磨きをいくら頑張ってみても、歯周病が良くなる気配は一向にありません。

それどころか、徐々に歯周病が悪くなってきているようで、今現在は上顎の歯は5本しか残っていない状況です。

下の歯は、右奥以外は歯があるのですが、前歯の2本がぐらぐらで今にも抜けそうな感じです。

この前歯が抜けてしまったら入れ歯にするしかないと、先生には言われているのですが、仕事が調理人なので、入れ歯にすると味覚が変わるとも言われてしまい、なんとか入れ歯にならないで治療ができる方法はないものかと、セカンドオピニオンの目的で来院されました。

 

お口の中とレントゲンを拝見すると、確かにお口全体でかなり歯周病が進んでいて、上顎の残っている5本の歯も、歯を支える歯槽骨がかなり少なくなっていて揺れが認められました。

また、下顎は前歯の2本は今にも抜け落ちそうな状況で、それ以外の歯も長くは持ちそうにありませんでした。

この状態では、いくら歯石のクリーニングをしたり、歯磨きを念入りにしても、歯が揺れているため、歯周病が改善する事はないと思われました。

しかし、ご本人の希望で入れ歯はどうしても避けたいとの事でしたので、短期間で噛めるインプラント治療を行うことにしました。

 

患者さん日記2015年8月へ
 
患者さん日記症例別ページへ
 
ドクター天野へのご相談はこちらへ
 

Dr.天野の歯科治療室


 
天野歯科医院
〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-17-1
虎ノ門5森ビル1階
03−3502−3007
歯槽膿漏の歯科治療室予約

歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約