天野歯科医院 患者さん日記
2015年09月18日

55歳男性

1年程前から、口の中がネバつくようになり、近所の歯科医院へ受診したところ、軽い歯周病と言われました。

そして、歯茎の出血と口臭があったため、歯科医院でクリーニングを行い、家で指導されたとおりに歯磨きを行ったところ、出血も口臭もだいぶ良くなりました。

ところが、口の中のネバツキだけがなかなか治りません。

ネバツキは歯と歯茎の間から唾液のような液が出ているような感覚だったため、先生に相談してみたところ、抗生物質の薬を出してくれたのですが、それを飲んでも治りません。

また、先生がカビが原因なのではと言うので、カビ取り剤で歯磨きもしてみたのですが、やはり効果はありませんでした。

しかし、最近では、口の中のネバツキが気持ち悪くて、夜中に起きてしまうくらいひどくなってきたため、なんとか治療ができないものかと、セカンドオピニオンの目的で来院されました。

お口の中とレントゲンを拝見すると、お口の中の状態は、かなり念入りに歯磨きをしているために、歯垢や歯石などはなく、歯周病の状態も悪くはありませんでした。

しかし、唾液の分泌量が少ないようで、お口全体が乾燥するドライマウスになっているように思われました。

ドライマウスになると、お口の中の歯周病菌が唾液で洗い流されないため、歯周病菌の数が相対的に増えてしまい、お口のネバツキが出る場合があります。

そこで、まず歯周病菌がいない状態を作るため、パーフェクトペリオ歯周病治療プラズマレーザー治療を併用して、お口の中の歯周病菌と虫歯菌を完全に殺菌することにしました。

また、パーフェクトペリオで毎日うがいをしていただくことで、お口のベタツキを予防することにしました。



患者さん日記アーカイブ(2015年9月以降分)へ 患者さん日記アーカイブ(2015年9月以降分)へ
患者さん日記(2015年8月)へ 患者さん日記(2015年8月)へ
患者さん日記症例別ページへ 患者さん日記症例別ページへ
ドクター天野へのご相談はこちら ドクター天野へのご相談はこちら

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約