歯科のセカンドオピニオンを受けられた患者さんの声

歯科のセカンドオピニオンを受けられた患者さんの方々の感想や、戴いたお手紙、 メールなどをご紹介しています。

横浜市在住 堀内さん

被せ物が取れたので、近所の歯科医院へ受診したところ、虫歯が大きくて、被せ物では治せないので、次回抜きましょうと言われました。その後ブリッジにする話とインプラントにする話を聞きました。

でも、家に帰ってから、どうにか抜かないで治す方法が無いものかと思いあぐねて、友人に聞き、 天野歯科医院にセカンドオピニオンのために受診しました。
結果的には歯茎の処置をするだけで、抜かないで治せたので、本当に良かったです。
それに天野先生の話では、抜歯してインプラントと言っても、歯を抜いた後、すぐにインプラントが出来るわけではなく、半年から1年近く骨の治りを待って、インプラントに十分な骨が出来てからだそうで、場合によってはインプラントが出来ない場合もあるそうです。
あのまま抜いてブリッジやインプラント治療になっていたらと思うだけで、怖くなります。
ありがとうございました。

杉並区在住 広瀬さん

以前に神経を抜いて被せてあった歯の歯茎が腫れたので、近所の歯科医院へ受診したのですが、『この歯は根の先に大きな病気があり膿が溜まっているので、神経の再治療をしても治らないので、抜歯することになります。インプラントかブリッジを選んでください。 』と言われてしまいました。

しかし、痛みもそれほど強いわけではなく、その歯科医院の先生の診断に、自分自身でどうしても納得できなかったので、他の歯医者の先生の意見を聴いてみようと、いろいろ調べて、天野歯科医院へセカンドオピニオンのために受診しました。
天野歯科医院で歯のCTスキャンを撮って調べたところ、根の病気は近所の歯医者の先生の言葉どおり大きかったのですが、天野先生の話では、根の病気の範囲が治療出来ないほどは、広がっていないので、完全な根の再治療が出来れば、抜歯しないで治せる可能性があるとのことでした。
結果的には、顕微鏡を使って歯の根の治療を行う根管治療専門医で、根の治療を行ったところ、根の病気を完治させることが出来、抜歯しないで、また新たな被せ物を被せることが出来ました。
抜歯などの宣告をされた時、患者は専門知識が乏しく、なかなか歯医者の先生の診断に反論することが出来ないことが多いのですが、他の歯科医院の先生の意見を聴くことも、選択肢として残されていることが、今回のことで良くわかりました。
本当にありがとうございました。

埼玉県さいたま市在住 吉田さん

いつも歯科医院での健診では、虫歯もなく、歯周病にもなっていないとのことで、歯には自信があったのですが、ある日、奥歯に突然違和感を感じたので、いつも行っている歯科医院へ受診しました。
そこの先生に診てもらったところ、『奥歯が根まで割れていて抜歯するしかない。抜歯した後は、インプラントかブリッジになる。』 と言われびっくりしてしまいました。でも 今までずっとお世話になっていた先生の診断を信用しないわけにはいかなかったので、その日は仕方なく次回の抜歯の予約をしました。

しかし、自分の中では、やはり抜歯に相当抵抗がありましたので、その後、どうにかできないかといろいろ調べ、今までの先生には黙って、次回の抜歯の予約前に、天野歯科医院へセカンドオピニオンを聴きに行くことにしました。
天野歯科医院で歯のCTスキャンを撮ると、近所の先生が話していたように、根が割れてはいたのですが、天野先生の話では、割れている範囲が根の先までではないので、なんとか抜歯しないで治療できる可能性もある。とのことでした。
また、今までなんの問題もないと思っていた歯は、確かに虫歯や歯周病にはなっていなかったのですが、全体的に歯の磨耗が進んでいて、奥歯に強い力が掛かるような噛み合わせになってしまっていて、それが原因で歯が割れた可能性が高いとの話でした。
その歯は結局、神経の治療、歯茎の処置などをそれぞれ専門の先生に治療してもらい、被せ物をして、抜歯しないで残せました。
また、糸切り歯を治療して、磨耗する以前の状態にしたので、前歯と奥歯のバランスが良くなり、安心して食事ができるようになりました。
近所の先生には、少し申し訳ないことをしてしまったと思いますが、あの時諦めないで、セカンドオピニオンを聴きに行って本当に良かったです。
どうもありがとうございました。

埼玉県入間市在住 春日さん

天野先生

「ミドリムシのちから」をおととい1錠飲んだ後、左下前から4番目の歯茎が腫れていぼがあった歯(歯根が割れていて病気のため)のいぼが、翌朝小さくなっていました。歯茎はまだ腫れているものの、いぼがほとんど無くなりつるつるになりましたので、大変びっくりしています。
主人(62歳)にも「ミドリムシのちから」勧めたところ、長い間治らなかった指のいぼが小さくなったとのことでした。
もしかして、歯根の病気(歯根の周りの黒い影)も、「ミドリムシのちから」を飲み続けていると、無くなってしまうのではないでしょうか・・・。
やっぱり、歯根歯折があるからと言ってむやみに抜歯せず、貴院にかかってよかったと思いました。
現在、左下の歯が安定しており、うれしいです。

静岡県浜松市在住 津田さん

いつも行っている歯科医院の検診で奥歯に虫歯が見つかったので、治療を受けたのですが、虫歯が思ったより深く、神経を抜くことになりました。
ところがその日から、その歯で噛むとかなりの痛みを感じるようになり、担当の先生にそに事を言うと 『神経を抜いたのだから刺激で痛みが出ていると思います。一過性のものなので、神経の治療が終われば痛みは無くなるはずです。』 とのことでした。

それからしばらく、根の治療に毎週通ったのですが、3ヶ月経っても歯の痛みが一向に収まりません。さすがに心配になって担当の先生にもう一度その事を言うと 『炎症が治まらないのでなかなか痛みが治まらないが、これ以上根の治療をしても刺激をしてしまうだけなので、しばらく様子を見ましょう。どうしても痛みが治まらないようなら抜歯も考えてください。』 と言われてしまいました。
もともと、痛みが無かった歯なので、抜歯にはどうしても納得できず、いろいろ調べているうちに、天野歯科医院のセカンドオピニオンを見つけました。
遠方だった事と、いつも行っている歯医者の先生との関係が気まずくなるのではと思い、受信を迷いましたが、このまま抜歯してしまうと、後でとても後悔が残りそうだったので、思い切って東京まで行くことにしました。
天野歯科医院で歯のCTスキャンを撮ったところ、歯の根が複雑で、普通の根の治療では完全な根の治療は難しい歯だということがわかりました。それに加えて、根の一部に穴を開けてしまったような箇所があることもわかりました。
しかし、顕微鏡を使って歯の根の治療を行う根管治療専門医で、根の治療を行ったところ、穴があいた箇所も完全に塞ぐことが出来て、痛みも無くなり、根の治療を終わらせることができました。
はじめは、東京まで歯の治療に行くのは、どうかとも思っていましたが、新幹線を使えば時間的には、それほどではありませんでした。
なにより、歯が抜歯にならずに済んで本当に良かったです。

世田谷区在住 初美さん

天野先生

先日はセカンドオピニオンをありがとうございます。

ひとまず安心しました。セカンドオピニオンはやはり大事ですね。
お蔭で本当に助かりました。
おかしい、と思ったらまず、セカンドオピニオンに相談することですね。
天野先生、これからも多いに声を大にして啓蒙してくださることをお願いします。
                                       初美拝

神奈川県川崎市在住 豊木さん

天野先生

メール相談の上で、先日診察を受けた豊木と申します。

これまでにかかった歯医者さんは職人的といいますか、大学病院の先生でさえピンポイントで問題のある箇所だけに集中する傾向があり、天野先生のように全体像を掌握して診断する歯科医はきわめて少ないと思います。
私の場合、噛み合わせに問題があるとのことで、指摘されて見ると、なるほど納得でき、先生の見立てに感服しました。
大変ありがとうございました。

セカンドオピニオンについての詳細はこちらをご覧ください。
セカンドオピニオンについての多いご質問はこちらをご覧ください。
他の治療を受けられた患者さんの声はこちらをご覧ください。
ドクター天野へのご相談はこちらへ リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約