天野歯科医院メニュー

歯質強化治療 プラズマレーザー『ストリーク』

プラズマレーザー『ストリーク』について

歯の強化/歯を強くする歯質強化機器SP

プラズマレーザー治療機器 『ストリーク』は、高出力レーザーと特殊な酸化チタン溶液により高温のプラズマ光球体を作り出し、その熱エネルギーによって歯の耐酸性を上げて歯質を強化することができる最新の治療機器です。

 

プラズマの熱エネルギーには、神経の感覚を一時的に軽く麻痺させる働きがあるため、歯質強化治療では麻酔をしなくても痛くなく行えます。

プラズマの熱による治療と聞くと熱くて怖いイメージですが、酸化チタン溶液と水の冷却効果によって、患者さんはほとんど痛みを感じることはなく、どなたでも治療が受けられるような患者さんに優しい安全な治療です。

歯を強化する歯質強化治療とは

歯の表面では、歯が酸によりエナメル質が溶け出す「脱灰(だっかい)」と、唾液が歯のミネラルを補給する「再石灰化」という自然の修復メカニズムが日々繰り返されています。

歯の強化/歯を強くする歯質強化脱灰SP

ところが、このメカニズムのバランスが崩れて、脱灰の方に傾くと、再石灰化が追い付かなくなり、虫歯になってしまいます。

歯の強化/歯を強くする歯質強化歯

プラズマレーザー治療機器 『ストリーク』 は、高出力レーザーと特殊な酸化チタン溶液により高温のプラズマ光球体を作り出し、その熱エネルギーによって歯の表面のエナメル質や内部の象牙質の耐酸性を高めることが出来るため、脱灰が起きにくい強い歯質にすることが可能です。

歯を強化する歯質強化治療の特徴

痛くない麻酔しないプラズマレーザー治療機器 『ストリーク』 には、以下のような多くの優れた特徴があります。

●歯を強化する歯質強化治療は、多くの大学や研究機関の研究結果から、その効果が実証されています

歯の強化/歯を強くする歯質強化大学研究

歯科用レーザーは、大きく分けると4種類のレーザーがありますが、プラズマレーザー治療機器『ストリーク』は、歯科用レーザーの中でも最も歯質強化効果が高いNdYAGレーザー(エヌディーヤグレーザー)という種類のレーザーを使用しています。

このNdYAGレーザーは、今までに多くの大学や研究機関で研究が行われ、エナメル質と象牙質の耐酸性を上げて歯を強化する歯質強化効果が実証されています。

●歯を強化する歯質強化治療は痛くなく麻酔もいらない

高温のプラズマ光球体の熱エネルギーには、神経の感覚を一時的に軽く麻痺させる働きがあるため、歯質強化治療では麻酔をしなくても痛くなく行えます。

●歯を強化する歯質強化治療は治療が速い

歯の強化/歯を強くする歯質強化速い

プラズマレーザー機器ストリークによる歯を強化する歯質強化治療は、上下の歯全体を歯質強化しても、30分~1時間弱の時間しかかかりません。

●歯を強化する歯質強化治療は詰め物や被せ物の虫歯の再発を防ぐ

歯の強化/歯を強くする歯質強化In

歯を削って詰め物を詰めたり、被せ物を被せたりすると、詰め物や被せ物と歯との境から虫歯が再発するリスクが高くなります。

ストリークによる歯質強化治療は、プラズマ光球体の熱エネルギーによって、詰め物や被せ物をするために削って露出した象牙質の耐酸性を高めることが出来るため、詰めたり被せたりする前に歯質強化処置を行うと、虫歯の再発を予防するのに効果的です。

●歯を強化する歯質強化治療は矯正治療前にも効果的

歯の強化/歯を強くする歯質強化矯正

矯正治療中は、お口の中に針金や多くの矯正歯科装置が入りますので、歯磨きが難しくなり、矯正治療中に虫歯を作ってしまう方も少なくありません。

ですので、矯正治療前に歯質強化治療をして、エナメル質や象牙質の耐酸性を高めておくと、矯正治療中の虫歯予防に効果的です。

また、ストリークには組織を活性化させる効果があるため、矯正治療中の痛みを緩和する効果や、歯の移動を促進させる効果もあります。


ご案内

  • 歯を削らない治療
  • パーフェクトペリオ
  • 患者の声
  • マスコミ

診療時間

診療時間

9時30分~13時

×

14時~18時

×
  • 歯槽膿漏治療DR.天野に無料相談
  • 歯槽膿漏治療オンライン予約
  • 歯槽膿漏治療電話予約
©2012 Dr.天野の歯科治療室 All Rights Reserved.