チタン部分入れ歯
チタン部分入れ歯とは
良く噛める入れ歯チタン部分入れ歯後
チタン部分入れ歯を入れたところ

部分入れ歯の基礎の金属が、身体に最も親和性が良いチタンで出来ているのが、チタン床入れ歯です。

部分入れ歯が軽くて薄くできるので、部分入れ歯の装着感が良く、違和感も少なくなります。

良く噛める入れ歯チタン部分入れ歯前
チタン部分入れ歯治療前

右上の写真は治療前の状態です。

通常のプラスチックを使った部分入れ歯を使っていましたが、部分入れ歯の押さえになる歯の形が悪く、 部分入れ歯がまったく合っていませんでした。

良く噛める入れ歯チタン部分入れ歯中
チタン部分入れ歯を入れる前

右下の写真はチタン部分入れ歯を入れる前の状態です。(入れた状態は一番上の写真です。)

差し歯をすべて作り変えて、バネのかかるところをしっかりさせたので、部分入れ歯で良く噛めるようになりました。

また、 部分入れ歯の下の前歯の裏側にくる部分の金属を薄く出来たので、部分入れ歯の違和感も少なくなりました。

ドクター天野へのご相談はこちらへ リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約