歯周病と糖尿病
歯周病と糖尿病図
NHKテレビ「ためしてガッテン」2011年6月22日放送

「免疫力を低下・突然死を招く感染症」

歯周病

NHKテレビ「ためしてガッテン」で、歯周病が

糖尿病を悪化させ、心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こして

突然死を招く引き金になっていることが紹介されました。

◇緊急警報!!◇

免疫力を低下、突然死を招く感染症とは???

歯周病と糖尿病1
歯周病と糖尿病2

近年の研究で、この感染症を引き起こす細菌が全身の病気にかかわることが判明。

しかも日本人の7割が感染しているという!!

その感染症の名前は。。。

歯周病!!!

歯周病と糖尿病3
歯周病と糖尿病4

特に歯周病は糖尿病に大きな影響を与える。

糖尿病は血液中にある阻害物質が増えることで、糖分を細胞にしまうインスリンの働きが弱くなるが、実は歯周病で歯茎が炎症を起こすと、この阻害物質が増えてしまう事が近年の研究からわかった。

歯周病と糖尿病5
歯周病と糖尿病6

これは、体内に侵入した細菌やウイルスと戦う免疫細胞のマクロファージが、細菌と戦う時に阻害物質を出すのが原因。

つまり、歯茎で歯周病菌とマクロファージが戦うと、マクロファージから阻害物質が放出され、インスリンの働きが阻害されて、糖尿病が悪化する。そして、この状態が続くと、糖尿病によって体の抵抗力が下がり、歯周病菌がますます増えるという悪循環に!!!

糖尿病の患者さんの中には、歯周病治療で、それまで良くならなかったヘモグロビンA1c(過去1~2ヶ月の血糖値の状態を示す指標)が劇的に改善した人も。

歯周病と糖尿病7
歯周病と糖尿病8

さらに歯周病がある人は、心臓病や脳梗塞のリスクが歯周病がない人の数倍に!

それは、ジンジバリスという歯周病菌が、血小板の中に入って血管内を移動しながら、心臓や大動脈、静脈などで生息し、その毒が血小板や赤血球を集めて塊にする効果があることから、血栓の原因になっている可能性が高いから。

歯周病と糖尿病9

血栓が心臓の中で起きれば冠動脈を詰まらせて、心不全、心筋梗塞。脳の近くで起これば脳梗塞となる可能性があり、突然死の引き金になる事も考えられる。

歯周病と糖尿病10

手足の動脈が詰まり、ひどくなると、手足の切断の可能性もある『バージャー病』(閉塞性血栓性血管炎)。

このバージャー病の原因のひとつと言われているのも歯周病の可能性が。

バージャー病を含む血管が詰まる病気、血管が膨らむ病気の多くの患者さんから血管内に歯周病菌の痕跡が発見されているとのこと。

歯周病と糖尿病11

番組サイト

歯周病と糖尿病の関係についての詳細はこちらをご覧ください。

歯科と全身の健康に関するマスコミ報道一覧はこちらをご覧ください。

ドクター天野へのご相談はこちら リンクボタン

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約