院内感染予防 院内使用の水環境について
院内感染予防歯科医院うがい水殺菌水
一般的な歯科医院の水環境
院内感染予防歯科医院うがい水殺菌椅子

歯科医院では、治療で歯を削ったり、歯のクリーニングをしたり、手を洗ったり、器具を洗ったりと、常に多量の水を使用しています。

また、治療時に患者さんも治療椅子から出てくる水で うがいをします

院内感染予防歯科医院うがい水殺菌細菌

ところが、この歯科医院で毎日使用されている水が、細菌で汚染されている場合が少なくないことを知っている方は多くはありません。

読売新聞記事『歯科治療・水に細菌…機器に滞留し増殖 対策不十分』

歯科医院で使用している水に細菌が増えてしまう理由

歯科医院で使用している水も、ご家庭で使用している水も、元々は水道水なのに、 なぜ歯科医院で使用している水に細菌が増えてしまうのでしょうか?

その理由は、歯科医院の診察時間と治療椅子の構造に関係があります。

院内感染予防歯科医院うがい水殺菌絵1

つまり診療が終わった夜間や休診日といった、長い時間、水の流れが止まった状態になると、治療椅子の配水管の中でも水の流れが止まります。

院内感染予防歯科医院うがい水殺菌絵2

すると、水道水に含まれる塩素濃度は徐々に下がりますので、止まっている水の中で細菌が増え始め、配水管に付着し、バイオフィルムと呼ばれる細菌の塊を作ります。

院内感染予防歯科医院うがい水殺菌絵3

そして、診療が再び始まって、配水管に水が流れ始めると、水流によってバイオフィルムから細菌が徐々に剥がれます。

院内感染予防歯科医院うがい水殺菌絵4

そして、歯を削るドリルやうがい水から細菌がお口の中に入るわけです。

院内感染予防歯科医院うがい水殺菌コップ

ちなみに、細菌の塊のバイオフィルムは、普通の水流では完全に洗い流されないため、毎日このサイクルが繰り返されると、治療椅子から出てくる水は、徐々に汚染度が増していきます。

歯科医院内の水を全て殺菌水にする『エピオス』システム

『エピオス』は、高い殺菌力と人体への安全性を併せ持つ殺菌水を歯科医院全体に通水させるシステムです。

『エピオス』のシステムによって、治療時にお口の中で使用するドリルから出る水はもちろんのこと、うがい用のコップの水や手洗いの水に至るまで、すべての水を殺菌水にすることができます。

院内感染予防歯科医院エピオス1

お口の中を連続して殺菌しながら治療が可能になりますので、治療効果をより向上させることが出来ます。

院内感染予防歯科医院エピオス2

『エピオス』についての詳細はこちらをご覧ください。

歯科医院で使用されている水について動画でご覧いただけます。(音声無し)
歯科医院内で使用する全ての水を除菌する『ポセイドン』システム

『ポセイドン』は、歯科ユニットウォータライン除菌装置と呼ばれる除菌システムで、治療椅子の配水管をはじめ、歯科医院内で使用する全ての水を除菌するシステムです。

(院内感染予防歯科医院うがい水殺菌図

『ポセイドン』は、水道水に含まれる塩素濃度を補正し、人に優しく殺菌力は強い 『電解中性水』を治療椅子や医院全体に通水させ、歯科医院内のすべての配水管内の細菌の繁殖を抑え、治療環境を衛生的に保ちます。

『ポセイドン』についての詳細はこちらをご覧ください。

ドクター天野へのご相談はこちらへ リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約