白いバネの入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)
白いバネの入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)とは
白いバネの入れ歯 (ホワイトクラスプ) 画像

部分入れ歯のバネは、今までは金属で作るものが主流で、審美的にはあまり良くありませんでした。

白いバネの入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)は、バネ部分がアセタル樹脂という熱可塑性レジン(歯科用プラスチック)で作られています。

このアセタル樹脂は従来の歯科用レジンと比較して、以下のような点が優れているので、白いバネの入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)のバネとして使用出来るのです。

強くて柔軟性があり、噛み合わせに合わせてたわむ。

耐疲労性が高く、金属のバネに比べて、装着間も快適。

生体適合性が高い。

耐殺菌性で汚染しにくい。

従来の歯科用プラスチックのように、気泡が出来にくく、臭いが付きにくい。

白いバネの入れ歯 (ホワイトクラスプ) 治療前
従来の金属のバネの入れ歯

右の写真は、一般的に部分入れ歯 に使われる金属のバネです。

今までは、お口の中の詰め物や被せ物を白いものに変えても、最後に部分入れ歯を入れると、金属のバネが見えて、審美的に満足のいかない場合が多くありました。

白いバネの入れ歯 (ホワイトクラスプ) 治療前
白いバネに変えた入れ歯

写真は白いバネの入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)に変えたところです。

金属のバネに比べて、とてもきれいになりました。

白いバネの入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)の応用例
白いバネの入れ歯 (ホワイトクラスプ) 治療前
白いバネの入れ歯治療前

従来の部分入れ歯は、金属バネ、人口歯、プラスチックの歯茎の組み合わせで、出来ていますが、1本だけの入れ歯なら、アセタル樹脂の一体成型で、白いバネの入れ歯 (ホワイトクラスプ入れ歯)を作ることも出来ます。

右の写真は模型ですが、従来の金属のバネの部分入れ歯が入っています。

白いバネの入れ歯 (ホワイトクラスプ) 治療後
白いバネの入れ歯治療後

アセタル樹脂の一体成型で、バネと入れ歯部分を作った物です。

すべてが白いので、ほとんど目立ちません。

白いバネの入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)の治療例
リンク
白いバネの入れ歯治療前

奥歯の部分入れ歯の金属のバネが目立って、恥ずかしくて笑えないとのことで、いらっしゃった方です。

バネが掛っている歯には、あまり問題がなかったので、入れ歯を白いバネの入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)に作り変えることにしました。

リンク
白いバネの入れ歯治療後

入れ歯を白いバネの入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)に変えた後の状態です。

よく見るとバネがあるのがわかりますが、遠目には、ほとんどバネの存在がわからなくなりましたので、口を大きく開けて笑えるようになったそうです。

白いバネの入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)の治療例
白いバネの入れ歯治療前

歯槽膿漏と顎関節症の治療でいらした方です。

歯茎の処置、ブリッジ式差し歯と全体の治療をしましたが、下の奥歯は入れ歯になりました。

白いバネの入れ歯治療後

金属のバネが見えるので、白いバネの入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)にしています。

白いバネの入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)の治療例
白いバネの入れ歯治療前

歯槽膿漏で 上の歯を多く無くされて、取り外しの入れ歯を長い間使われていた方です。

入れ歯のバネが前歯にかかるので、金属色のバネも気になっているとのことでした。

白いバネの入れ歯治療後

治療後の写真です。 すべての歯茎の治療をして、上は差し歯と新しい入れ歯を作りました。

入れ歯のバネが前歯にかかるので、 白いバネの入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)を使用しています。

下はすべての歯を ブリッジタイプの差し歯でつないで固定してしっかりさせています。

ドクター天野へのご相談はこちらへ リンク

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約