天野歯科医院 患者さん日記 Since2011年
2019年1月10日(2,782日目)

42歳男性

上の前歯が痛くなり、家の近所の歯科医院へ受診しました。

そしてレントゲンを撮って診てもらったのですが、前歯には歯周病も虫歯も認められず、原因がわからないと言われてしまったのです。

それでも、なんらかの炎症が起こっている可能性があるからと、抗生物質を処方してくれて、様子を見るように言われました。

抗生物質を服用すると、少し痛みが和らいだ感じがしたのですが、飲み切ってしまったあとに、また痛みがぶり返しました。

そこで、別の歯科医院へも受診してみたのですが、やはり同じ事を言われたのです。

そんな事を続けている間に、なぜか痛みが前歯だけではなく、奥歯にも広がってきてしまい、なぜか頭の右全体に違和感があったり、目の奥がいたかったり、耳がキーンとしたりしはじめました。

そこで、なんとかして痛みの原因を見つけて治療ができないものかと思い、セカンドオピニオンの目的で来院されました。

お口の中とレントゲンを拝見すると、やはり前歯も奥歯も歯周病や虫歯は認められず、痛みの原因は一見ではわかりませんでした。

そこで、お口全体の噛み合わせを確認してみたところ、今まで奥歯に入れてきた被せ物などの噛み合わせの高さが低く、その影響で、お口全体の噛み合わせが低くなって、前歯や奥歯に過度な噛み合わせの力が集中する咬合性外傷になっていて、顎関節症にもなりかけている事がわかりました。

そこで、お口全体の噛み合わせ治療を行って、咬合性外傷と顎関節症の治療をする事にしました。



患者さん日記アーカイブ 患者さん日記アーカイブへ
ドクター天野へのご相談はこちら ドクター天野へのご相談はこちら

天野歯科医院
〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-3
霞が関コモンゲート
アネックス1階
03−3502−3007

歯槽膿漏の歯科治療室予約 歯槽膿漏の歯科治療室インターネット予約